ここから本文です

ハイチ戦、意地のドローも3失点。守備で集中欠く【どこよりも早い採点】

10/10(火) 21:26配信

フットボールチャンネル

10月10日、日本対ハイチの一戦が行われ3-3で引き分け。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

韓国も本大会出場決定。グループAはまさかのチームが3位滑り込み W杯アジア最終予選 順位表

杉本が代表初ゴール

【日本 3-3 ハイチ キリンチャレンジカップ2017】

東口順昭 5 1失点目は防ぎたかったが、ボックス内に侵入されてのフィニッシュのためGKの責任にするのは酷か
長友佑都 6 難しい態勢から素晴らしいクロスで先制点をアシスト
昌子源 4.5 1失点目の場面は、フリーランしてきた相手を深追いしすぎてしまったか
槙野智章 4.5 後半からキャプテンマークを巻く。セットプレー時に集中を促す声かけを周囲に徹底したかった
酒井高徳 6 低い位置で組み立てに貢献し、同点ゴール呼び込む
遠藤航 4.5 自身のところで奪いきれず、相手に加速を許し失点した
倉田秋 6.5 2試合連続ゴール。いずれもヘッドで決めた
小林祐希 6.5 ピッチの至る所に顔を出し、攻撃のリズムを生み出した
乾貴士 6 周囲と連動しながら相手の嫌がるプレーを続けた
浅野拓磨 5.5 果敢なプレーを見せたが、連係の中ではあまり活きなかった
杉本健勇 6 最前線で起点になり、左足ボレーで代表初ゴール

車屋紳太郎 6 代表デビュー。積極的な攻撃参加からクロスを上げた
原口元気 5.5 右サイドで途中出場も、左に流れてシュートに持ち込んだ
井手口陽介 5 小林とは異なる持ち味を発揮。裏を意識させるボールを供給
香川真司 5.5 落ち着いたプレーでチームに流れを戻そうとし、ゴール前で仕事をした
大迫勇也 6 相手を背負った状態で苦もなくボールを収めた
武藤嘉紀 5.5 短い時間でゴールを期待されたが、ネットは揺らせず

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 5 抜擢した選手の活躍はあったが、守備では相手の『個』に苦しめられた

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)