ここから本文です

アスペルガー 「男性のほとんどにその傾向ある」と心理学者

10/11(水) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 発達障がいのある児童生徒の人数は全国で10万人に迫る勢いで、増加傾向にあるという(平成28年度、文科省)。別の調査では、通常学級における自閉症(アスペルガー含む)は1.1%、ADHDは3.1%、学習障がいは4.5%ともいわれる。1クラス2~3人の割合で在籍している計算だ。

 心理学者の杉山崇さんは言う。

「子供時代は見過ごされ、大人になって障がいに気づく例も増えています。一方で、一昔前は“変わった人”と流されてきたような人に診断名がついて、増加しているように見えている可能性もあります。あくまで参考値として見た方がいいかもしれません」

 そもそも発達障がいとは、部分的な併発もあるため、線引きの難しい障がいだという。

「ADHDの人は幼児期に発達する“新しい情報を吸収しよう”という脳分野がずっと活動したままなので、移り気な性質を持ちます。

 一方アスペルガー障がいなど自閉傾向の人は、“課題を遂行しよう”という脳分野が過活動となって、“周りの顔色をうかがう”という機能が衰えている状態です。実は男性のほとんどはアスペルガー障がいの傾向があるといわれています」

 寝食を忘れ、何時間も集中。エンジニア向きといわれるのは、この特性のためだ。

※女性セブン2017年10月19日号