ここから本文です

【MLB】巨人・マイコラスが古巣のレンジャーズに復帰可能性 球団公式サイトが特集

10/11(水) 11:47配信

ベースボールチャンネル

 今季は開幕投手も務め、チームの先発3本柱として大活躍を見せた読売ジャイアンツのマイルズ・マイコラス投手(29)。今季で契約が満了するため、オフの去就が注目されている中、2014年に所属していたテキサス・レンジャーズがマイコラスの獲得に興味を示しているようだ。

イチロー、MLB17年の全軌跡 偉業、偉業、そして偉業 <2009年>

 レンジャーズの球団公式サイトは10日付(日本時間11日)付で、マイコラスの獲得可能性について特集を掲載。日本ハムの大谷翔平が今オフに最も注目される存在としながらも、かつてチームの40人枠に入っていたマイコラスにも関心を寄せていると報じている。

 また、記事ではマイコラスの成績も紹介。かつてのメジャー在籍時の2014年には10試合登板で2勝5敗、防御率6.44と振るわなかったが、巨人に移籍してからの3年間では62試合に先発登板し31勝13敗、防御率2.18と好成績を残した。

 レンジャーズはダルビッシュ有(現ロサンゼルス・ドジャース)、元広島のコルビー・ルイス、元ヤクルトのトニー・バーネットといった日本球界経験者を獲得して成功を収めた過去があり、日本に渡った選手の獲得に前向きな姿勢を示している。

 特に、レンジャーズはルイスが6年間で4度の2桁勝利をマークする活躍を見せ、獲得が大成功を収めたことで再び日本球界の選手に注目するようになった。また、日本球界でトップクラスの活躍を見せたマイコラスがメジャー復帰を果たした場合、想定より低い成績を残すことはないだろうとしている。

 今オフのFA市場にはそれほど多くの先発投手が出回るわけではなく、マイコラスがメジャー復帰を決断すればレンジャーズに限らず、多くの球団が獲得を目指す可能性が高いとしている。

 昨季は故障に悩まされ不本意なシーズンとなったが、今季は獅子奮迅の活躍でチームを支えたマイコラス。来季は、どの球団のユニフォームに袖を通してプレイすることになるだろうか。

ベースボールチャンネル編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ