ここから本文です

小学生も脱毛サロンへ? 「キッズ脱毛」が増えているワケ

10/11(水) 7:00配信

日経トレンディネット

 最近、知人から「今、小学校低学年でもエステサロンで脱毛している」という話を聞き、耳を疑った。美容ライターの彼女は、幼稚園の女の子の母親。ママ友からよく相談されるのが、“キッズ脱毛”についてだというから驚いた。聞けば「年長から始めて今3年目、トータル100万円以上使っている子もいる」という。

【関連画像】キッズ脱毛の施術例。写真左が処理前。写真右が5回処理をした後のひざ下

 もうひとり、女子小学生の娘を持つ美容ライターからも話を聞いたところ、「今、10歳だが、本人は気にしているよう。T字カミソリを買って『これでお手入れしなさい』と渡して使い方やアフターケアも教えているが、サロンやクリニックで脱毛させてもいいかなって思う。今は安いし、そのメリットはよく分かっているから。なので、『中学受験が終わったら、お金出してあげるね』と話している」と、やはり“キッズ脱毛はアリ”派の様子。

 一般的な脱毛方法としてカミソリ処理やニードル脱毛(針に電流を通して毛根にダメージを与え、脱毛していく方法)があるが、現在エステティックサロンでは光脱毛、クリニックではレーザー脱毛が主に行われている。

 いずれも黒色に反応し、ムダ毛を処理するという仕組みなので、細い毛や薄い色のムダ毛には効かない。また、色黒の肌にも効きづらいという。ならば、子どもの細い毛や屋外遊びで日焼けした肌に反応するのだろうか。そもそも、子どもがサロン脱毛しなければいけないほど、毛深いということがあるのだろうか。はたまた、昨今の「子どもがやりたいことを無条件にサポートする」風潮の延長か? 考えがまとまらないまま、取材へと向かった。

サロン脱毛の低価格競争が拍車をかけた?

 最初に訪れたのが、7歳から脱毛の施術を受け付けているという、脱毛サロン「エピレ」。エステティックサロン大手のTBC系列の脱毛専門サロンだ。

 「ダンスやバレエ、水泳などの習いごとで、肌を露出する機会が多い子どもたちが親に行きたいとせがむケースが多い。母親がかつてムダ毛で悩んでいたことも少なくないため、比較的理解があるようだ。カミソリを使った自己処理で肌を荒らしてしまったり、また、母親がえり足や背中などを剃ってあげるのが手間なのでサロン脱毛させたいというケースもある」(TBCグループ 広報室主任 名越華子氏)

 そうは言っても、昔からバレエや水泳などのお稽古はあったが、サロン脱毛している子はいなかった。技術の進歩に伴う脱毛機器の低価格化や、それに連動する業界全体の価格競争なども関係しているだろう。実際、10~20年前は高額だったサロン脱毛だが、現在は“生えてこなくなるまで〇円ポッキリ”といった価格保証コースを設定するサロンも多い。

 「昔はアイドルやタレント、モデルは遠い存在だった。しかし、今は実際会いに行けたり、SNSの流行で存在が身近になったり。同じくらいの年齢の芸能人発信の情報を、スマホやPCで逐一チェックできる環境にある。さらには、ハイビジョン、4Kなど、テレビの技術が格段に上がり、毛穴まで見えてしまう時代。そうすると“自分と違う!”と気になるようだ」(名越氏)

1/3ページ