ここから本文です

職場の「イヤなヤツ」は家庭にも悪影響がある:研究結果

10/12(木) 20:10配信

ライフハッカー[日本版]

Inc.:あなたの職場にも、「有害な」人物がいるかもしれません。こうした有害な人々といっしょに働くことで、その同僚たちがこうむる正確な損失額が明らかになりました。ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)の研究によると、まさにA級と言えるイヤな人物1人の雇用を避ければ、企業は平均1万2489ドルを節約できるそうです。

【画像】職場の「イヤなヤツ」は家庭にも悪影響がある

しかしこの数字は、あなたの職場にいる、一見フレンドリーに見えるサイコパス(精神病質者)によってもたらされる損害のすべてを表しているのでしょうか?

シンガポール国立大学(NUS)のSandy Lim准教授が率いた最新研究の結果によると、どうもそうではないようです。Lim准教授率いる研究チームは、無作法で配慮に欠ける同僚が及ぼすネガティブな影響は、職場内に留まらないことを立証したのです。

イヤな人間と働くとイヤな人間になる

読者のみなさんも、職場でいじめられている人たちがストレスを家に持ち帰り、それが家庭生活に影響を及ぼすことは前々からわかっていたかもしれません。今回の研究は、そうしたストレスが職場の外にもたらす影響を科学的に明確にしました。研究チームは、常勤労働者50人に、職場で受けた「いじめ」を詳細に記録するように依頼しました。また、彼らのパートナーにも、家庭での彼らの行動を追跡するように依頼しました。

その結果、職場でひどい扱いを受けると、被験者たちは多くの場合、その敵意を自分の配偶者やパートナーに向けることがわかりました。家庭で怒りを爆発させたり、精神的な引きこもり状態になったりしたのです。

公平を期すために言っておきますと、Lim准教授の研究は、配偶者やパートナーのみを対象としたものですし、被験者数もかなり小規模でした。けれどもこの研究結果は、職場でいじめられている母親とその子どもの関係について、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が以前に行った研究の結果と合致しています(その研究リリースは、Association for Psychological Science(心理科学協会)のウェブサイトに掲載されています)。

UCLAの研究チームは次のように述べています。「職場での自分の1日について説明した後で、母親たちは(デイケアに預けていた)子どもと再会しました。録画された再会の様子を分析したところ、いつもより仕事がきつかった、あるいは同僚や上司とのつき合いがうまくいかなかったと報告した母親たちは、ストレスが少ない日の行動と比較すると、口数が少なくなり、子どもとの感情的関わりも減ることが明らかになりました」

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

ライフハッカー[日本版]の前後の記事