ここから本文です

肌タイプ別!美のプロが厳選した優秀クレンジング16品 [VOCE]

10/12(木) 18:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

クレンジングは肌質に合わせて選ぶと肌に負担がかからず、安心してメイクを落とすことができる。また、肌状態やメイクの濃さに合わせたものを数種揃えておくと手軽に肌をリセット。ここでは代表的な4タイプをご紹介!

後肌すっきり!心地よく洗い上がる◆ジェルタイプ◆

みずみずしいテクスチャーとさっぱりとした洗い上がりのジェルクレンジングは、ノーマルからオイリー肌向け。「ジェルクレンジングは油分を含まないものやオイルインタイプの洗浄力の高いものなど、さまざまなタイプがあるので、使いやすいものをチョイス」(水井真理子さん)

A.なでるだけで毛穴の奥からメイクがとろけ出す
本当になでるだけでメイクが落ちるなんて驚き! ダブル洗顔不要でクリーンな素肌にリセット。
ビオレ メイクとろりんなで落ちジェル
B.1ステップですっきりメイク落とし完了!
メイク落としと洗顔がこれ一本で。ぷるんとした感触がとにかく気持ちいい。
2in1 クレンジング ミセラー ジェル & ライト メークアップ リムーバー
C.3つのテクスチャーを楽しみながら透明肌に
肌になじませるとオイルへと変化。洗い流すときはローションに変わり、明るく冴えた肌に洗い上げる。
ル ブラン メークアップ リムーバー
D.ほのかなひんやり感で爽やかにメイクオフ!
ほのかなひんやり感が◎。潤いたっぷりのジェルはしなやかな後肌が魅力。
クレンジング ジェル

「ジェルクレンジングはのびがいい感じがするけれど、量が少ないとすべりが悪く肌をこすってしまうことに。量は多めに、優しくなじませましょう」(水井真理子さん)

メイク好きの頼れる相棒!潤いを落としすぎないものをセレクト◆オイルタイプ◆

しっかりメイク派なら、やはりオイルクレンジング。オイルは乾燥すると思われがちだけれど、潤いを守って洗い上げるものを選べば大丈夫。「オイルの油分はメイクを浮き上がらせるチカラが絶大。なじませるだけで濃いメイクもするり。すすぐ前に肌の上で乳化させることも忘れずに」(高瀬聡子先生)

A.温感バームで血行促進!健やかな肌を目指して
オイルをギュッと凝縮させたバームはリッチな感触で、ふっくら柔肌に。温感効果で血行も促す。
エクストラ バーム リンス
B.キメの奥まで浄化する植物のチカラに癒やされて
こっくりとしたオイルを肌になじませるだけで、とろけるようにメイクを落とす。ハーブの香りに癒やされて。
バランシング クレンジングオイル
C.美容液生まれのオイルで肌ダメージをリセット
毛穴に残るナノサイズのメイク汚れまでオフ。なめらかな後肌は感動モノ。
トリートメント クレンジング オイル
D.洗うほど潤う!しなやかな肌感にぞっこん
8つの植物オイルを配合し、使うほど肌がしなやかになると評判。老舗オイルクレンジングの実力はさすが。
アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル

1/3ページ

最終更新:10/12(木) 18:00
講談社 JOSEISHI.NET

Yahoo!ニュースからのお知らせ