ここから本文です

ヤクルト・由規投手「グラブは軽くても重くてもダメ」/こだわり

2017/10/13(金) 12:04配信

週刊ベースボールONLINE

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「こだわり」です。

ヤクルト・由規投手

 僕のこだわりは、「グラブの重さ」。軽いと扱えなくなって嫌なんです。小さいとバランスがおかしくなる。(プロの中では)大きいほうだと思います。ちょっとした違いにも敏感で、少しでも重いとキャッチボールをしただけで気持ち悪い。昔から大きいグラブを使っていたんですけど、プロになってからは余計に気になります。

 トレーニンググラブも最初は小さくしていたんですが、それも気持ち悪くて。色だけを変えるようにしました。練習のときはももいろクローバーZさんの色をイメージしたものを使っています。試合用のグラブの色は黒が多いですね。意外と色がついていると、型をつけるのが難しいんです。黒が一番自分の手に合いやすいと思います。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:2017/10/13(金) 12:53
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)