ここから本文です

香川真司が日本代表で抱える 2つの危機感。「もっと監督と話を…」

10/13(金) 8:11配信

webスポルティーバ

 ニュージーランド戦とハイチ戦を終えて、香川真司にはいま、ふたつの危機感があるように見えた。ひとつは日本代表での自分の立場についての危機感。そしてふたつ目はチームとしてのパフォーマンスへの危機感だ。

【写真】雨のなか、ぼう然とするハリルホジッチ監督

 チーム内での立場についての危機感は、選手であれば多かれ少なかれ感じるものだろう。それでも10番を背負う者であれば、本来はそんな感情から縁遠くなくてはいけないはずだ。チームのパフォーマンスに関しては、逆に、自分はこのチームの中心だという自覚があってこそ生まれた危機感と言っていいだろう。かつての香川からはなかなか感じられなかったものだが、最近、それをようやく言葉にして表現するようになった。

 香川が自分自身の置かれた立場に危機感を抱くのは無理もない。6月のシリア戦で左肩を脱臼して退場したのを皮切りに、以後の最終予選3試合は出場なし。W杯出場を決めたオーストラリア戦ではベンチ入りしたものの出場はなく、アウェーのサウジアラビア戦ではメンバーから外れ、予定を早めてドルトムントに戻っている。

 その頃、ドルトムントの試合では、負傷からの確実な復帰を目指すため「段階的に出場時間を増やすと監督から話をされている」と、香川が明かしていた。日本代表でも同様にある種の”温存”と解釈することもできた。そうぶつけてみると、本人は否定した。

「温存って、代表で? 温存とは捉えていないです。ただ出られなかっただけで、そこでチームは結果を出している。危機感はあります」

 10番不在で日本は予選突破を決めた。しかも若手が台頭している。焦りが生まれないわけがない。ドルトムントでのポジション争いとは違って、日本代表でのそれについて香川の言葉数は少ない。危機感を悟られたくないのかもしれないが、表情は厳しい。

 ニュージーランド戦では先発出場、60分までプレーしたが、試合開始9分にポストを叩くシュートを放った以外、これといったプレーは見せることができなかった。一方、大幅にメンバーを入れ替えたハイチ戦は59分からの途中出場。終了間際にチームの3点目を決めたからなのか、少し安堵感が漂っていた。

「あそこ(得点シーン)まで、効果的なチャンスが生まれてなかったです。あの場面が唯一、(原口)元気から車屋にいって、うまく攻撃のリズムがドンって乗った、速い攻撃ができた、連動性のある攻撃ができた場面だったのかなと。それ以外に関してはやはりリズムは生まれなかったと思いますね」

 反省点を挙げながらも、その口調は滑らかだった。この2試合の間にも、指揮官ハリルホジッチからは「スターでもメンバーから外すことはできる」などと、暗に不調の香川の扱いを匂わせる発言があった。今後も香川は、チーム内外からのプレッシャーをはねのけるだけの結果を出し続けなければならないのは間違いない。

1/2ページ

最終更新:10/13(金) 14:36
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか