ここから本文です

中村憲剛、J史上17人目&大卒2人目の偉業 記念ポーズに後輩ツッコミ「指おかしい」

10/14(土) 19:26配信

Football ZONE web

藤田俊哉以来、大卒2人目のJ1通算400試合出場達成

 J1川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛が、14日にJ1リーグ第29節の本拠地ベガルタ仙台戦に先発フル出場し、Jリーグ史上17人目のJ1通算400試合出場に到達。大卒Jリーガーとしては、元日本代表MF藤田俊哉(J1 通算419試合100得点)以来、2人目の快挙達成となった。

【写真】J1川崎MF中村憲剛が“400試合出場”で記念ポーズ! 左右違いのミスに…同僚の後輩が鋭いツッコミ「指おかしい」

 試合は前半終了間際に仙台MF野津田岳人に先制を許す苦しい展開となり、さらに後半15分にはFW石原直樹に追加点を奪われて0-2と劣勢。そのまま時間が経過し、敗色濃厚となったが、後半37分に川崎DFエウシーニョが1点を返すと潮目が変わる。その2分後の同39分にFW小林悠が同点弾を叩き込み、さらにその3分後の同42分に小林が決勝弾。5分間で3ゴールを奪う怒涛の攻撃を展開し、川崎が3-2と逆転勝利した。

 中村のJ1通算400試合出場を勝利で飾った川崎の選手らは、試合後にSNSを通じて36歳のベテランMFを祝福している。

 MF長谷川竜也は「憲剛さんの400試合目、苦しい試合だったけどチーム全員で勝ち切ったいいゲームでした!!雨の中最高の雰囲気を作ってくれたみんなに本当感謝です!!」と綴れば、田坂祐介も「サッカーを愛し、サッカーに愛された男!!400試合おめでとう」とコメントを送った。

「東京五輪OA出場」を期待する声も

 さらに、DF武岡優斗は「川崎が誇る生ける伝説。川崎のバンディエラ。川崎のパス職人。『中村憲剛』 400試合おめでとうございます 600試合&東京五輪OA出場期待してます(笑)」と、冗談交じりに2020年東京五輪でのオーバーエイジ(OA)枠での出場に思いを馳せた。さらに400試合を指で表現する中村のポーズに「左手の0をつくる指が可愛くてお茶目」と触れた。

 MF森谷賢太郎もハッシュタグで中村の偉業を称え、「#中村憲剛さん #400試合 #おめでとう #すごすぎ #忘れられない試合」と言及。さらに写真も掲載し「#指おかしい #04になってる #ぜろよん #まぁいっか」と指摘した。400試合の記念ポーズの際、正しくは右手で「4」、左手で「0」のジェスチャ―を取るはずが、掲載した写真では右手が「0」、左手が「4」と逆になってしまい、森谷は思わず「指おかしい」とツッコミを入れたようだ。

 年下の同僚からツッコミを入れられるあたりも、愛される中村の人柄を示すものと言える。川崎の顔として君臨し続けてきた希代のプレーメーカーは、さらなる記録に向かって邁進し続ける。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/14(土) 20:33
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新