ここから本文です

松本莉緒、元マネージャーが取引先に「迷惑メール」事務所トラブルを告白

10/18(水) 16:03配信

週刊女性PRIME

《大変お恥ずかしい話で恐縮ではありますが、この度、松本莉緒の諸事情が原因でトラブルに発展しております。当社としては顧問弁護士を介して話合いを続けておりますが、今後の可能性としては松本に対する訴訟も視野に入れ厳正に対処するつもりでおります》

松本の全身写真を見る

 9月中旬、松本莉緒のクライアントに突如送られてきたメール。送信者は彼女がつい数か月前まで所属していた個人事務所『PEACE BERG』のスタッフだった。現在、彼女は新しい個人事務所『PEACEBERG STYLE』で代表を務めている。

 松本は'94年に原宿でスカウトされ、“松本恵”名義でデビューした。当時、まだ11歳だったが、一躍スターダムにのしあがる。 

「'97年の『ガラスの仮面』(テレビ朝日系)や、翌年の『聖者の行進』(TBS系)と人気ドラマの主要キャストを務めました。演技力はもちろんですが、爽やかなルックスが評判を呼んで、CM契約も多いときには6本抱えていました。当時は“ポスト広末涼子”の筆頭と期待されていましたよ」(テレビ局関係者)

 しかし'98年、突然、彼女の引退が報じられ、歯車が狂い始める。

「松本さんは精神的に追いつめられたことが原因で引退したとか、ほかの大手事務所に移籍するのではないかなどというウワサも出ましたよ」(ワイドショー関係者)

 '02年に現在の“松本莉緒”名義で芸能界に復帰。その後は女優としてだけでなく、ヨガのインストラクターとしても活躍している。

 そんな彼女の活動を支えていたのが、'15年9月に立ち上げた『PEACE BERG』だった。だが、わずか2年で事態は法廷闘争も辞さない泥沼を迎えていた。

 10月初旬の夕方、事務所移籍に関する“トラブル”について話を聞くため、ビーチヨガのイベントが終わって帰宅する松本を直撃した。

─以前、所属されていた事務所とトラブルになっているようですが? 

「トラブルにはなっていません。取材はやめてください!」

 戸惑う松本をかばうように、隣にいた男性スタッフが記者の質問をさえぎったが、次第に彼女は重い口を開き始めた。

「『PEACE BERG』自体(現在は)運営していませんし、私もそこに所属しておりません。私たちもこのメールが流されていることは知っています。

 元マネージャーだった方があることないことをメールしているんです。メールは何か月も前から流されていますが、まだ実際に裁判にするということも言われていません」

─前事務所のホームページは、まだ残っていますが? 

「写真をおろしてほしいと言ってもおろしてくれないんですよ。営業妨害としてこちらから訴えることもできるんですけど、それをしていないだけなんです。嫌がらせをしたくて載せているようです」

 後日、改めて現在の事務所である『PEACEBERG STYLE』に問い合わせたところ、松本本人から以下のコメントが返ってきた。

「前マネージャーとの間には契約書などは交わしておらず協業という形でともに仕事をしておりました。その中で、仕事においての方向性の違いから、この先、信頼関係を築いていくことが難しいと判断したため、私より今後の活動をともにすることをお断りさせていただいた次第です」

 この問題に関して、冒頭のメールを送った旧事務所の『PEACE BERG』にも問い合わせたが、期限までに回答はなかった。

 紆余曲折を経て見つけた“女優業”と“ヨガ”の道を、彼女は守っていくことができるのだろうか……。

最終更新:10/18(水) 16:03
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月26日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)