ここから本文です

結構当たる? 「結婚して良い男・ダメな男」の簡単な判別法

10/19(木) 17:00配信

マネーポストWEB

 良き結婚相手を探すのが難しいのは、未婚率や離婚率の上昇が証明済み。結婚する前に、何とか相手の本当の姿を知る方法はないものか? これまで数々の恋愛経験を重ねてきたという40代の女性2人が、結婚しても良いオトコ・ダメなオトコの見分け方を語る。1人目のYさん(バツイチ)はこういう。

「かなり当てにして良いのは、お箸の使い方です。私は以前、超一流大学卒の男性と居酒屋で飲んでいた際、男性がお箸で皿を引き寄せてドン引きしたことがあります。どれだけ酔っても、やらない人は絶対にやりませんから。

 お箸を正しく持てているかどうかで、その方が家でどんな教育を受けてきたかが分かりますし、箸使いが丁寧かどうかは大いに性格が表れます。魚の食べ方がキレイだったら、かなりの高得点をあげて良いでしょう」

 かつてネットでは、就職活動で受験者に焼き魚を食べさせる企業が話題になったことがあったが、やはり食べ方はかなり重要なよう。ゲップをする、クチャクチャと音を立てて食べる、肘を付いて食べる……など、食事関係には“トラップ”が多いが、他にも判断方法はあるという。もう1人の女性Sさん(既婚。2児の母)が語る。

「私がチェックするのは店員への応対です。私に対してはすごく丁寧なのに、店員にはすごく横柄な人は、いつかその“横柄さ”が自分に向かってくると考えたほうがいいです。それから、すぐに『あの店員、ムカつかない?』などと言う人も要注意です。“共通の敵”を作るのは会話を盛り上げる常套手段ですが、それほど親密でない時点でそういうことを言う人は、その後も同じようなことをたびたび言ってくるので、いずれイヤになります」

 そして2人が声を揃えて言う最も簡単な判別法が、車の運転だ。何がそんなに分かりやすいのか? Yさんが語る。

「車の運転ほど、わかりやすくその人の性格が出るものはありません。もちろん、『ちょっと悪っぽい人が運転も荒い』『ちょっと鈍臭い人が運転も鈍臭い』など、見た目通りの人も多いのですが、意外とそうじゃない人はいます。

1/2ページ

最終更新:10/19(木) 17:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)