ここから本文です

メークは何のためにする? 韓国は「デート」だが、日本は・・・

10/20(金) 13:28配信

オーヴォ

 国が変われば考え方も変わり、その違いはメークにも表れてくるようだ。カネボウ化粧品(東京)は、東アジアを中心とした7都市で、18~34歳の女性1,219人を対象に「女性のライフスタイル調査」を実施した。

【写真】関連情報を含む記事はこちら

 7都市は東京・北京・上海・台北・バンコク・ソウル・ニューヨーク。中でもソウルの女性は最もメークに時間をかけ、また使用アイテム数も最も多かった。東京の女性はというと、アイテム数は多いものの、意外なことにメークにかける時間は最も少なかった。「最もメークに力を入れるタイミング」を聞くと、バンコク・北京は「仕事に行くとき」、ソウルは「デートのとき」となった。一方、東京の女性は「同性の友人と遊びに行くとき」が他都市よりも高い傾向に。カップルや親子の他、女性同士の「おそろいコーデ」も人気を集めている日本。ほかの都市とは異なり、同性=気が抜ける相手とは限らないようだ。

 メークをする目的は、6都市では「身だしなみ」のためが最も多かったが、ソウルの女性だけは「欠点カバー」「自己表現」だった。東京の女性は「おしゃれを楽しむ」ため、NYの女性は「女性であることを楽しむ」ためという回答もあった。なりたいタイプ(印象)は、東京「上品」、北京・上海「エレガント」、台北・バンコク「知的」、ソウル「洗練」、NY「やさしい」となった。

最終更新:10/20(金) 13:28
オーヴォ