ここから本文です

女性用エステで増す「男性施術師」の存在感

10/21(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 肌の手入れやリンパマッサージ、痩身など、美しくなるための施術をする、エステティシャン。ここ最近、男性のプロフェッショナルが目立つようになった。すっぴんも、素肌もさらすエステ。女性の客にとって、男性エステティシャンは抵抗があるのでは?  そんな予想に反して、いま男性エステティシャンが人気を集めているという。

この記事の写真を見る

 男性エステティシャンが増えていると聞いて、早速試しに。あられもない姿をさらすのが恥ずかしく、帰りたいと思っていたところに、すらりとした体型の男性が現れた。事前に記入したアンケートを見つめ、驚いた表情を浮かべながら、軽やかに突っ込みを入れる。

 「えっ、血行が悪くて、やる気が出ない?  ライターさんなのに、だめじゃないですか」。その後、肩こりなどの症状をいろいろ訴え、聞いてもらう。男性エステティシャンの話しやすい雰囲気に、しだいに心もほぐれていく。

■顧客には「1度受けてみて」と勧める

 東京と仙台に3店舗展開するエステサロン「青の家」が、男性エステティシャンを雇うようになったのは、7年ほど前だという。同サロンを運営するブルーハウスの代表の金澤彰子氏は、自身が強めのマッサージを好むことから、「深層リンパを刺激する」とうたった、エステサロンを立ち上げた。このサロンならではの特色を印象づける狙いもあり、男性エステティシャンを雇い入れることにしたのだ。

 「女性のお客様の半分以上が、男性エステティシャンはイヤと言う。そこをあえて、『1度受けてみて』とすすめている。1度経験した人からの男性NGはほぼなく、リピーターになる方も多い」と金澤氏は話す。現在、各店舗7人前後のエステティシャンのうち、2~3人ずつ男性エステティシャンを置いているという。

 まだ日本では異色の存在を放つ、男性エステティシャンは、その数を正確に把握するのが難しい。エステティシャンの国家資格はなく、民間資格があるのみだが、資格を持たずに施術をおこなう人も多いからだ。

1/4ページ

東洋経済オンラインの前後の記事