ここから本文です

ファンに子供に… ロシアでも愛された羽生結弦 客席に18文字の日本語メッセージ

10/22(日) 10:58配信

THE ANSWER

ロシア人ファン、フラワーボーイ…実力のみならず世界的人気を示したGPシリーズ初戦

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)GPシリーズ第1戦ロシア大会は21日、男子フリーでショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)がフリー1位の195.92点をマークし、合計290.77点で2位。SP1位のネイサン・チェン(米国)に優勝を譲ったが、4回転ルッツに初成功するなど圧巻の演技でロシアのファンを魅了。演技後、客席に「結弦!オリンピックシーズンの大勝利を」とメッセージが掲げられたことが話題を呼んでいる。

【動画】羽生結弦の演技後は銀盤が黄色く染まる!? それはまるで雨のように…icenetworkが紹介した「プーさんの海」現象の瞬間

「Yuzuru Hanyu」は世界に愛され続けている。21日に行われたフリー。羽生は「SEIMEI」の荘厳なメロディーに乗り、初挑戦の4回転ルッツを成功させるなど、シーズン序盤としては高得点の195.92点をマーク。優勝こそ逃したが、王者の舞いは現地のファンを魅了した。それが表れたのが、演技後だった。

 羽生が大ファンである「くまのプーさん」のぬいぐるみが次々と投げ込まれた。SPでも米メディアに「雨が降り注いだ」と報じられていたが、連夜の祝福は日本人ファンのみならず、現地のファンも参加。そして、投げ込まれたプレゼントを拾い上げるフラワーボーイ、ガールの中に長髪のロシア美少年が。SPの際には絵を本人にプレゼントし、ほほえましいシーンは世界のフィギュアファンの視線をクギ付けにしていたが、よほどの大ファンなのだろう。この日も客席に挨拶する羽生のそばに寄り、頭をなでられていた。

客席に掲げられた18文字のメッセージ…ロシアを愛し、ロシアに愛された世界王者

 そして、客席でも象徴的なシーンがあった。「結弦!オリンピックシーズンの大勝利を」と1メートル四方はあろうかという巨大な大きさに1枚ずつ記し、会場のどこから見てもわかる18文字のメッセージが掲げられていた。無数の日の丸が揺れる中、手に持っていたのはロシアとみられるファンが多数を占めていた。

 日本でも熱狂的な人気を誇っているが、遠くロシアの地でも愛されている羽生。それは、世界王者として実力が認められていることの証しでもある。

「自分にとって初となるグランプリシリーズ優勝を勝ち取ったのが、まさにここでした。なので、良い思い出を持っているんです」

 SP後にはこう語ったことが米メディアに報じられていた。ロシアを愛し、ロシアに愛された22歳。GPシリーズ初戦で得た力を進化の原動力に変え、絶対王者はさらに世界のファンを魅了していく。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:10/22(日) 11:08
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。