ここから本文です

岡崎慎司、英紙のMOMに。昨季超える4点目記録で約2ヶ月ぶり勝利の立役者に

10/22(日) 1:47配信

フットボールチャンネル

 レスター・シティのFW岡崎慎司は、現地時間21日のプレミアリーグ第9節スウォンジー・シティ戦に先発し、今季4得点目となるゴールを決めた。現地メディアは、日本代表FWの活躍を高く評価している。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 『デイリー・メール』は、先制点の起点となり、決勝ゴールを挙げた岡崎に「8」の評価をつけた。これは両チーム合わせてこの試合の最高点で、マン・オブ・ザ・マッチに選出している。

 マッチレポートでは「岡崎慎司はエクセレントだった」と記されており、「リヤド・マフレズ、ジェイミー・ヴァーディー、マーク・オルブライトンも印象的だった。レスターはもっと大差で勝ってもおかしくなかった」と、チーム全体が称賛されている。

 岡崎は今シーズン4ゴール目で、早くも昨シーズンの得点数を超えた。第2節ブライトン戦以来となるリーグ戦での白星を手にしたレスターは、これから調子を上げていけるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)