ここから本文です

定年後どう生きるか、最大のポイントは「黄金の15年」にあり

10/23(月) 17:19配信

ニューズウィーク日本版

<定年退職後に多くの人がぶち当たる壁を、47歳にして経験した元生命保険マン。再就職も独立も簡単ではないが、能動的に動くことの価値を強調し、人生後半を生きるノウハウを伝授する>

『定年後――50歳からの生き方、終わり方』(楠木新著、中公新書)の著者は、大手生命保険会社に勤務しながら、「働く意味」をテーマとして取材・執筆・講演に取り組んできたという経歴の持ち主。2015年の定年退職後は、企業から研修を頼まれることも多くなったそうだ。

気が滅入る「老人地獄」は、9年後にさらに悪化する

そうした席で50歳前後の社員に対して話すのは、「定年までの期間にどれだけイキイキと仕事をし、定年後の準備をどうしていくか」といった内容。つまり、著者がそれまで培ってきた「人生後半の生き方」についてのノウハウを伝えていくことが求められているのだろう。

*****
 私が「定年後」について関心を持ってから15年になる。実は47歳の時に会社生活に行き詰って体調を崩して長期に休職した。
 その時に、家でどう過ごしてよいのかが分からなかった。外出はできる状態だったのだが、行ける場所は、書店か図書館、あとはスーパー銭湯などの温浴施設くらいだった。(「プロローグ 人生は後半戦が勝負」より)
*****

どこの局も同じような話題を取り上げていると分かっていても、テレビから離れられなかった。住宅地で平日の昼間からぶらぶらしていると、好奇の目を向けられることもあった。ハローワークにも行ってみたが、50歳前後では魅力のある仕事は見つからなかった。

喫茶店の開業支援をする講座や、不動産投資のセミナー、コンビニの店長になるための説明会にも参加したものの、再就職も独立も簡単ではないことを思い知らされた。

どれも、なんだか切ないエピソードだ。しかし、ここで気づくことがある。定年退職直後の人たちの多くがぶち当たる壁を、著者は47歳にして経験したのである。楽なことではなかったであろうが、この経験がのちの著者にとてもよい影響を与えたことは間違いない。それは“会社“という場所を再認識する機会でもあった。

*****
 私は休職した時に、自分がいかに会社にぶら下がっていたかを痛感した。(中略)長時間かけて社員全員が朝の9時なり10時なりにオフィスに集まるということ自体、すごいシステムなのだとよく分かったのである。当時は40代後半だったので、まだまだ定年後までは考えが及んでいなかった。しかしこのままでは退職後は大変なことになるだろうという予感は十分すぎるくらいあった。(「プロローグ 人生は後半戦が勝負」より)
*****

そこで気づいたのは、「個性や主体性の発揮は他人がいて初めて成立するものであって、独りぼっちになれば何もできない」ということであったという。当たり前のことだが、その“当たり前“を忘れてしまっている人は少なくない。いわば、そんなことすら忘れさせてしまうのが、会社という組織なのかもしれない。だとしたら「では、そこからどうすべきか」について考えなければならないのも当然だということになる。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-12・12号
12/ 5発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。