ここから本文です

ミラン、CL出場逃せば赤字確定 元名物会長も財政問題を懸念 「1億ユーロの赤字になる」

10/24(火) 22:30配信

Football ZONE web

今夏に260億円超の大型補強に打って出るも、リーグ戦で11位と低迷

 ACミランは今夏に2億ユーロ(約260億円)以上を費やす大型補強に打って出るも、現在リーグ11位と苦しんでいる。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の去就問題も浮上する危機的状況のなかで、昨季途中に中国人オーナーにクラブを売却したイタリアの元首相で前名誉会長のシルビオ・ベルルスコーニ氏は、「来季UEFAチャンピオンズリーグに出場できなければ、1億ユーロ(130億円)以上の赤字」と財政問題を懸念している。イタリアテレビ局「テレ・ロンバルディア」が報じた。

【動画】本田がミラン本拠地最終戦で有終FK弾! 462日ぶりに歓喜爆発

 巨額の私財を投じてミランに数々のタイトルをもたらし、世界屈指の名門へと牽引したベルルスコーニ氏だが、近年は累積赤字から思うように戦力補強できず、チームも中位に低迷。今年4月に中国人オーナー、リー・ヨンホン氏に売却後、ミランは今夏の移籍市場で久しぶりの大型補強に打って出た。

 全11人の新戦力を大量補強しながら、ここまで4勝1分4敗と思うように勝ち点を伸ばせないミランの現状を、かつての名物オーナーは危惧している。

「私はすでに経営面で問題を抱えていることを知っている。ミスター・リーの沈黙を私は心配している。この酷い状況が続けば、エリオット・ファンドが春に乗っ取る可能性もある。本当の問題はチャンピオンズリーグに出場できなければ、1億ユーロの赤字になるんだ」

「傷が癒えるのを待つしかない状況」

 中国人オーナーはベルルスコーニ氏と合意した買収額を用意するために、ファンドから資金を調達。借金を返却できない場合、ミランが新たなファンドに乗っ取られる事態に直面するという。

「誰がこのクラブを買収することになっても、本当の価値ほどの金額を払う必要もないだろう。何年かの酷い不振の時期を経て、傷が癒えるのを待つしかない状況だ」

 前名誉会長も心配するほどの“チャイナ・ミラン”の現状だが、名門クラブを覆う“暗黒時代”はなかなか終わりが見えてこない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/25(水) 1:53
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新