ここから本文です

日本のプロ野球に一発勝負導入を。議論呼ぶCSからみるポストシーズンの在り方【小宮山悟の眼】

2017/10/25(水) 10:47配信

ベースボールチャンネル

 クライマックスシリーズ(CS)が24日に終了した。パ・リーグはリーグ優勝したソフトバンクが順当にCS を突破し、セ・リーグは横浜DeNAベイスターズが3位から“下克上”で19年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

球界を彩る剛速球投手。今季のメジャー球速ランキング上位7名を紹介

■現在のCSルールは議論の余地あり

 今季のCSは、ファイナルに進出したチームがともにペナントでは3位だったということもあり、多くの議論を呼んだ。セ・リーグのCSファーストステージでは雨天でのゲームとなり、開催日程などが問題となった。今回はこのCSの在り方について話したいと思う。

 古い考え方だと、日本シリーズはセ・パ両リーグの優勝チーム同士が日本一をかけて戦うべきだとなるだろう。しかし、この考え方はポストシーズンというものになじみが薄いからこそ生まれるものだ。

 今では相当な盛り上がりを見せるメジャーリーグのポストシーズンだが、導入当初は多くの疑問符があったと聞いている。日本でもポストシーズンがなじみ深いものになれば、事情は変わってくるだろう。

 現在のCSのルールでは、3位のチームでも日本一になる可能性がある。これについてさまざまな議論があるが、そういうルールなのだから、後になってクレームを付けるのはもってのほか。

 広島はレギュラーシーズンで、首位を独走してリーグ優勝したにも関わらず、日本シリーズ進出を逃した。そこで「おかしい」と意見したくなるファンの気持ちはわかるが、それだけ強いならCSでも勝てるはずだ。ルールがある以上、批判ばかりするのは筋違いだ。

 ただ、現行のルールには議論の余地があるのは確かだ。

 一つは、日本のプロ野球12球団のうち6球団がポストシーズンに進出するのは多すぎるということ。野球が極めてどんでん返しの多いスポーツであることを考慮すると、優勝できる球団が増えすぎるのはあってはならないと思う。

 二つ目の問題点は、リーグ優勝チームの試合間隔があきすぎている点だ。ペナントレース終了から2週間も待たされてポストシーズンを迎えるのは試合勘が鈍るため、1位チームのアドバンテージはどこにあるのかという疑問がわいてくる。

 そう考えると、CSファーストステージは必要ないのではないか。


■一発勝負の導入検討を

 多くのチームがポストシーズンに進出し、日本一になる可能性があるという醍醐味は理解できる。さらにレギュラーシーズンの消化試合が減るという経営面のメリットもある。しかし、言い換えてしまえばそれだけなのだ。

 CSは2チームでやるのがベストだろう。それもメジャーと同じようなホーム&アウェイの方式でやるべきだ。その代わり、1位と2位がいきなり戦うのではない。

 メジャーリーグのワイルドカードのような一発勝負の導入を提案したい。

 ワイルドカードゲームというのは、メジャーのレギュラーシーズンのリーグ優勝した以外の2位以下のチームで、勝率の高い2チームがプレーオフ進出を決める試合のことだ。地区シリーズ進出をかけ、1試合のみ行われる。

 ワイルドカードゲームはレギュラーシーズンが終わって、1~2日あけて1試合のみ行い、その直後に地区シリーズが始まるという流れだ。

 ワイルドカードの面白さは、この一発勝負を勝ち上がるのに最大限の力を注がなければならない点にある。つまりエースを先発させて勝ちにいく。

 ただし、勝ち上がったチームは、エースを欠いた状態で地区シリーズをスタートすることになる。待っているチームは地区シリーズでエースを最初から先発させることができるわけだから、そこでアドバンテージが生まれる。さらにホームで試合を多く開催できるという有利性もある。しっかり上位チームが恩恵を受けられる仕組みになっている。

 これは非常にスマートなルールと言えるだろう。

 日本のプロ野球もこのルールを採用してはどうだろうか。2位と3位で、一発勝負の試合を行う。そのあと優勝チームとのホーム&アウェイ方式(上位チームにホームの優先権)のプレーオフに挑む。

 そうすれば、エースを投入できないかつ初戦は上位チームのホームでの試合となる。7戦目までもつれれば、最後の2試合はホーム開催というアドバンテージを受けられる。

 今の日本のポストシーズンのやり方は、あらゆる角度から見て“いびつ”だ。
 
 今年はセ・リーグのファーストステージで阪神とDeNAが悪天候の中で試合を続行した一方、ファイナルの広島対DeNAはコールドゲームとなった。さらに両リーグで3位チームの“下克上”の可能性が生まれ、実際にDeNAはセ・リーグ史上初の3位からの日本シリーズ進出を果たした。
 
 おそらく、今の方式を何年か続けてやると決めているだろうから、そのときが来るまでルールは変わらないはずだ。そこには異論はない。ある程度の年数を消化し、今年の件も踏まえて問題点を話し合い、良い方向を模索してほしいと思う。


小宮山悟(こみやま・さとる)

1965年、千葉県生まれ。早稲田大学を経て、89年ドラフト1位でロッテ・オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)へ入団。精度の高い制球力を武器に1年目から先発ローテーション入りを果たすと、以降、千葉ロッテのエースとして活躍した。00年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。02年はボビー・バレンタイン監督率いるニューヨーク・メッツでプレーした。04年に古巣・千葉ロッテへ復帰、09年に現役を引退した。現在は、野球解説者、野球評論家、Jリーグの理事も務める。


氏原英明

ベースボールチャンネル編集部