ここから本文です

脱メッシの切り札か。突然現れた22歳アルナイスにバルセロナが大騒ぎ

10/28(土) 17:30配信

webスポルティーバ

 ホセ・アルナイス。

 今はまだ、日本でその名前を知るのはコアなサッカーファンだけ。しかし、スペインではすでに多くのスポーツ紙が一面で書き立て、一大センセーションを巻き起こしている。10月24日、スペイン国王杯でバルサのトップデビューを飾った。ディフェンダーを置き去りにする刮目(括目)すべきゴールで、チームに勝利をもたらした。

【写真】スペイン流で見た豪州&サウジ戦、 日本代表16人の成績表

「今にメッシを王座から下ろすぞ!」

 そう騒ぐ、気の早い人々もいる。

 今はバルサの二軍に当たるバルサB所属だが、22歳の若者の実力とは?

「アルナイスは、ボールを受けたら、ゴールに向かう、そういう天性を持っている。頭の中に常にゴールがある。とにかく速く、両足を使え、シュートも強烈。ボールを持って挑んでいるときにはゴールがイメージされているんだ」

 アルナイスを獲得したスカウト、ファン・カルロスは語っている。

 この夏、バルサはホセ・マリア・バケーロGMの果敢な決断と粘り強い交渉によって、レアル・マドリード、ユベントス、ナポリ、セビージャなどビッグクラブとの獲得合戦に勝利し、アルナイスを手に入れている。340万ユーロ(約5億円)の移籍金は他よりも安かったが、2部のバルサBでプレーさえる一方、トップ昇格の可能性を示唆。「トップチーム10試合出場で約200万ユーロ(約2億6千万円)を追加」という条件で、契約を結んだ。

 そして3カ月足らずで、市場価値は2000万ユーロ(約26億円)以上に跳ね上がったといわれる。

 アルナイスはいわゆる無名の選手だった。スペインのユース年代で注目されたこともない。2016年の夏までは2部バジャドリーのBチームでのプレーが主戦場。アマチュア選手に等しい。

 では、アルナイスのなにが目の肥えたスペイン人を騒がせているのか?

「めっちゃ速かったです。いつの間にか逆を取られている感じでした」

 2016―17シーズン、アルナイスと対戦した鈴木大輔(タラゴナ)は語っているが、稲妻を思わせるスピードが武器になっている。

 凄まじい高速プレーの中で、ボールタッチが乱れない。少しでもスペースがあると、すかさず入り込み、両足でのドリブルで相手の裏を取ってしまう。そしてドリブルからのシュートが、ふてぶてしいほどに落ち着いている。

「Desborde y Gol」(突破とゴール)

 ふたつが結びついている。どちらかの選手は少なくないが、どちらも持っている選手は少ない。

 そんな選手が埋もれていたのには、地理的な要因が理由のひとつに挙げられる。アルナイスの出身地であるカスティーリャ = マンチャ州のトレド県、タラベラの周辺はサッカーが盛んとは言えない。距離的に近いエストレマドゥーラ州は不毛の地とさえ言われ、1部どころか、2部にもクラブがないのだ。

1/2ページ

最終更新:10/28(土) 17:30
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
10月5日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 いざ決戦のシーズン』
■オータムクラシック2017
■宇野昌磨、本田真凜ほか