ここから本文です

【浦和】ハリルの言葉は関係ない! 勝利を呼んだ長澤和輝が大切にする“ブレない”姿勢

10/29(日) 21:30配信

SOCCER DIGEST Web

「レッズを勝たせることが最優先」

[J1リーグ31節]広島 0-1 浦和/10月29日(日)/Eスタ
 
 前節のG大阪戦後、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督に「非常に興味深い。攻守にボリュームがあり、いい発見になった」と評された長澤和輝が、勝利を呼ぶ殊勲弾で猛アピールだ。
 
 浦和の2インサイドハーフ+1アンカーに対して、広島は1トップ下+2ボランチと守備をハメてきた。策に絡め取られてボールに触れず、「試合に入るまで少し時間が掛かった」(長澤)が、周囲と話し合いながらパスを引き出すとリズムに乗った。
 
 後半はさらにギアを上げて、迎えた61分だった。遠藤航のクロスに反応して両チーム唯一の得点、そして移籍後初の得点を記録。「ちょっと(初ゴールまで)遅かったかな。でもチャンスが巡ってこないなかでも、しっかりとトレーニングに励み、出場機会を得て、得点できたのは良かった」と頬を緩めた。
 
 前半から「『このスペースに入ってボールをもらえればシュートを打てる』という場所に顔を出せていた」と話すが、決勝点はその動きが実った形だった。
 
 青木拓矢から右サイドで高い位置を取っていた遠藤にボールが出ると、ダイレクトでの折り返しが広島ゴール前に送られた。武藤雄樹が全力でニアに入り込んでDFを引っ張る。ポッカリと空いたスペースに長澤が入り込み、右足で合わせた。
 
「状況を確認したら相手最終ラインのギャップを見つけて、『ここに良いボールが来たら』と思って走り込んだ。狙い通りの形でしたね。
 
 前にいたDFの頭を越えてボールが落ちてきて、最初は頭で合わせようかとも思ったんですけど、ボレーできる高さだったので。あとはインサイドで合わせるだけでした。クロスが良かったです」
 
 チームをリーグ戦3試合ぶりの勝利に導いた男は、それでも謙虚だ。試合後のミックスゾーンで長澤の周囲に集まった記者のひとりが、「前節の試合後にハリルホジッチが褒めていたが、今日のゲームの活力につながったか」と水を向けた。
 
 すると、長澤は地に足をつけた答を返す。
「レッズの勝利とは関係のないことなので。まずはチームで活躍することが第一ですし、レッズを勝たせることが最優先。そこはブレないようにしないと、仲間たちに申し訳ない。これからもその部分を変えずにやっていければ」
 
 長澤はサッカーにも、チームメイトにも、自分自身に対しても誠実なのだ。その姿勢を貫き通せば、きっと日本代表への道は拓けるだろう。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)

【広島0-1浦和 PHOTO】長澤のゴールで浦和が3試合ぶりの勝利、広島は降格圏内から抜け出せず…

最終更新:10/29(日) 21:30
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)