ここから本文です

【コラム】30代6人、空前の若手監督ブーム。 ドイツで何が起こっているのか?

10/30(月) 19:45配信

footballista

無名の“ラップトップ監督”が新時代を切り拓く

文 木崎伸也


 2015年6月に始まった「フースバル・レーラー」(ドイツにおけるS級ライセンス)講座に、2人の若き指導者がいた。ユリアン・ナーゲルスマン(現ホッフェンハイム監督、当時27歳)とドメニコ・テデスコ(現シャルケ監督、当時29歳)だ。

 当時、前者はホッフェンハイムU-19の監督、後者はホッフェンハイムU-16の監督だった。つまり同僚が、そのまま同級生になった形だ。

 「フースバル・レーラー」の講座は、ケルン近郊のヘネフにあるスポーツシューレで約10カ月間にわたって行われ、受講生はドイツ各地から通う。年間9000ユーロ(約117万円)の授業料に加えて、交通費がかさむ。ナーゲルスマンとテデスコは2人で車をシェアして、約250km離れたヘネフに通った。

 車中では、さぞ革新的な戦術談義がかわされていたに違いない。それがプロの舞台でぶつかり合うことになるとは、さすがの2人も想像していなかっただろうが――。

 今、ブンデスリーガでは空前の若手監督ブームが起こっている。

 口火を切ったのはナーゲルスマンだ。16年2月、28歳でホッフェンハイムの監督になると、17位に低迷していたチームを立て直して奇跡の残留を果たす。翌シーズンは4位になり、『キッカー』誌の年間最優秀監督に選ばれた。

 テデスコの人生も急転し始める。16年夏、ナーゲルスマンのトップ昇格によって空いたホッフェンハイムU-19の監督に就任。下部組織生活が続くかと思われたが、17年3月、ブンデス2部の最下位に沈むエルツゲビルゲ・アウエからオファーが届く。すると持ち前の戦術でアウエを激変させ、11試合で勝ち点20を叩き出し、14位で終えてチームを救った。それが目に留まり、今季シャルケの監督に抜擢されたのだ。

 他にもシュツットガルトのボルフとアウグスブルクのバウムが36歳、ブレーメンのヌーリが37歳(編注:2017年10月30日に解任が発表された)、マインツのシュバルツが38歳と、30代の監督が計6人もいる。この6人のすべてが選手としては1部の経験がなく(ヌーリとシュバルツのみ2部出場の経験がある)、いずれもケガなどで早くに引退を決意し、若くして育成指導者としての道を歩んだ人間である。元ドイツ代表のメーメット・ショルは彼らのプロ選手としての経験不足を批判し、「ラップトップ監督」と揶揄(やゆ)した。

1/3ページ

最終更新:10/30(月) 21:47
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 052
12月12日(火)発売

特別定価950円(税込)

[特集]
ワールドカップ32カ国 組分け決定
日本と、世界と、革新する戦術