ここから本文です

レアル、昇格組に不覚の敗戦 ジローナ出身のカタルーニャ州首相は大興奮ツイート

10/30(月) 16:30配信

Football ZONE web

昇格組のジローナに逆転負け ジダン監督は「何も変わることはない」と前を向くも…

 レアル・マドリードがカタルーニャの地で今季2敗目を喫した。現地時間29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第10節・敵地ジローナ戦に1-2で逆転負け。試合後にはカタルーニャ独立運動の主導的役割を果たしているカルレス・プチデモン州首相がツイートで喜びを露わにするなど、大きく揺れている。

【動画】王者レアルが昇格組に10シーズンぶりの不覚… 敵地ジローナ戦のハイライト

 試合は前半11分、ジローナのサイドアタックからのクロスが左ポストを直撃。その流れからレアルがカウンターを仕掛けると、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのシュートがセーブされたこぼれ球を、スペイン代表MFイスコが決めてレアルが先制ゴールを挙げた。

 これで波に乗るかと思われたレアルだが、後半に暗転する。同9分にスローインでボールを受けたMFペレ・ポンスのドリブル突破で数人がかわされると、最後はウルグアイ代表FWクリスティアン・ストゥアニに決められて1-1の同点に。その5分後には右サイドを崩され、最後はDFマブロ・マフェオのシュート性のクロスをMFボルトゥに角度を変えて流し込まれて逆転された。

 試合は1-2のまま終了。昇格組相手に痛恨の勝ち点ロストとなったことに、ジネディーヌ・ジダン監督は「最初のゴールはスローインからのもので、我々は集中していなかった」と失点を悔やんだ。しかし、「勝ち点3を失って(首位バルセロナと)勝ち点8差が開いてしまっているが、何も変わることはない」と前を向いている。

「祝福したいし、我々は続けていくのだ」

 その一方で、この勝利で歓喜したのはジローナを故郷とするプチデモン首相だ。試合直後に「レアル・マドリード相手にジローナが2-1の勝利を挙げるのは偉大なことだ。祝福したいし、我々は続けていくのだ!」とツイッター上でつぶやいている。

 中央政府がカタルーニャ州の自治権を停止するなど、国内情勢が混乱するなかで行われた一戦。政治的な騒動は起こらなかったとはいえ、リーガ連覇を目指す“白い巨人”にとっては痛く、首都クラブを倒したジローナにとっては痛快な90分間になったことは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/30(月) 16:38
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新