ここから本文です

【コラム】ドイツ若手監督ブームを後押し。 テクノロジー化の波が止まらない

2017/10/31(火) 20:19配信

footballista

ドイツで起こっている若手監督たちの台頭は、急激に進歩するテクノロジーの存在を抜きには語れない。今はまだドイツ国内でも“旧世代”からの反発が根強くあるようだが、デジタルネイティブ世代である彼ら“ラップトップ監督”の活躍がサッカーとテクノロジーとの繋がりを深め、サッカーの進歩をさらに加速させていくに違いない。


文 鈴木達朗


 2015年9月、バイエルンの元人気選手で現在もドイツ国営第一放送局『ARD』のコメンテーターとして抜群の知名度を誇るメーメット・ショルの批判的なコメントが波紋を呼んだ。自身を「情熱的な監督」と評するショルは、その対極としてドイツサッカー連盟(DFB)のライセンス試験のための研修の際に、常にノートパソコンを携帯し、優秀な成績で卒業する優等生のような無名の若い指導者たちを指し、「戦術を何よりも重要視する輩、そいつらが“ラップトップ監督”なんだ」と挑発的に発言したのだ。確かに、ペップ・グアルディオラがドイツに到来して以来、ドイツ国内でも本格的に「戦術」や「コンセプト」、「マッチプラン」といった言葉が一般のメディアにも躍るようになり、それが流行のようになっていたことは事実である。とはいえ、例えば今季シャルケの監督に就任したドメニコ・テデスコのように、一般人として大学を卒業するような現在の30歳前後の人々にとって、学習の場でノートパソコンを携帯するのは、むしろ当然なことであろう。

 現在のサッカーにおいて、もはやコンピューターやテクノロジーは欠かせない。脈拍、走行距離の観測、乳酸値の計測まで、細分化すればキリがないが、何よりもゲーム分析や戦術分析の領域では、コンピューターがなければ何も始まらない。ホッフェンハイムのようにドローンを飛ばしたり、大型スクリーンを設置したりするような実験パフォーマンスは別にしても、アマチュアレベルでさえその存在は不可欠だ。とりわけ、「視覚化」の領域において、映像処理の技術がもはや指導者の現場で必要不可欠なインフラになっている。百聞は一見にしかず。時間をかけて説明するぐらいなら、その意図を解説する試合中の映像を見せた方が圧倒的に効率的だからだ。

 ホッフェンハイムの分析担当官であるベンヤミン・グリュックは、クラブのホームページの中で「選手に見せる映像は多過ぎてもいけない。重要な部分だけを短く、印象強く見せなければなりません。本当に重要なシーンだけに絞らないといけないのです」と明かしている。監督の考えに沿って、次の試合に向けて行われる週のトレーニングに必要な映像をピンポイントで作るセンスが問われるということである。さらに、今ではブンデスリーガの公式戦におけるハーフタイム中の指示にも、試合中に編集した映像が使われている。前半の2、3の重要なシーンを選び出し、改善点やマッチプランとは完全に食い違っている部分を指摘するのだ。前半終了の笛が鳴ると同時にロッカールームに向かい、ナーゲルスマン監督に選んだシーンを見せ、どの映像を選手に見せるのか、最終的には監督が決定を下すという。「映像を見せて主に話す内容は、本来なら使うべきスペースがどこに空いているのかや、いかに相手の守備を突破するのかという部分」と同氏は言う。時間が限られた状況の中で、監督が求めるピンポイントの映像を抜き出し、編集する技術が必要になるわけだ。

1/3ページ

最終更新:2017/10/31(火) 20:19
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 054
2月10日(土)発売

定価900円(税込)

[特集]
欧州の新スタンダードを学べる
戦術用語講座