ここから本文です

ACL決勝を控え、浦和5人は欧州遠征“限定起用”も!? ハリル監督がクラブとの協議明言

10/31(火) 19:50配信

Football ZONE web

11月10日ブラジル戦、同14日ベルギー戦 18日にサウジアラビアでACL決勝初戦

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、31日に行った11月の欧州遠征に向けた日本代表メンバー発表会見において、浦和レッズから5人の選手を招集したことについてクラブ側との協議が存在することを明かした。

【一覧】ハリルジャパン「各ポジションの最新序列予想」(2017年10月31日更新)

 この日の発表で、浦和からはGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、MF長澤和輝、FW興梠慎三の5選手がメンバー入り。通常の状況であれば何の問題もないが、今回に関しては浦和がAFCチャンピオンズリーグの決勝まで進出していることが議論の対象になった。

 アル・ヒラルとの決勝を控える浦和の日程は、11月18日に敵地サウジアラビアで第1戦を行うというもの。一方で、日本代表の親善試合はフランスを会場に11月10日にブラジル代表、ベルギーに移動して14日にベルギー代表と戦う予定だ。14日まで選手が拘束されるとなると、中3日の日程での決勝となり、チームでの連係確認に懸念が残る。

 ハリル監督は「浦和ともすでに話をしている。詳細な答えはここでは控えさせてもらう」としたうえで、「日本のことを考えれば浦和のファイナルはとても大切であり、みんな誇りに思っている。浦和だけでなく、背後に日本が隠れている。もちろん浦和の選手も呼ぶが、今回は移動距離もそこまで激しくない。そこは理解してほしい。それ以外のこともあるが、ディスカッションの詳細は踏み込まない。ただ、頭では浦和のことに配慮しているし、いろいろなことも考えている。申し訳ないが、それ以上は言えない」と、協議があることを明かしている。

ベルギー戦で浦和陣を起用しない可能性も

 そのうえで、クラブチームの監督を務めていた経験もあるハリル監督は「私もクラブの監督経験がある。クラブではA代表に行くなと考えたこともある。だが、今はA代表の監督だ。ディスカッションの仕方も変わった。私の家はA代表であり、JFA(日本サッカー協会)にサラリーをもらっている」と、立場の違いについて言及している。

 一つ考えられるのは、浦和の選手たちは14日のベルギー代表戦では起用しない、あるいは途中出場の短い時間に限定することだ。フィジカル能力が強く、劣勢が予想される強豪との戦いを長い時間こなした後、日本の夏に近いほどの気温があるサウジアラビア入りしてビッグゲームを戦うのは負担が大きい。

 先日、DF酒井宏樹が所属するマルセイユのルディ・ガルシア監督がロシア・ワールドカップ(W杯)アジア予選突破決定後のゲームに酒井をフル出場させたことに不満を爆発させたが、浦和からすれば今回のベルギー戦は同様に出場時間のリクエストをしたくなるのは自然なことだろう。

 もう一歩踏み込む場合を想定すれば、浦和はサウジアラビア入りする前に直前合宿を隣国UAEのドバイで行うプランが浮上しているため、浦和の5選手を10日のブラジル戦後、クラブのUAE入りのタイミングで代表から離脱させてしまうという可能性もゼロとは言えない。

1/2ページ

最終更新:10/31(火) 22:54
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新