ここから本文です

ハリルJの1トップ「1強状態」に待った 万能ストライカー興梠の“柔軟性”がカギ

11/1(水) 19:00配信

Football ZONE web

11月欧州遠征で招集、ハリルJで出場すれば2015年東アジアカップ以来

 J1浦和レッズの万能ストライカーが、“1強状態”に待ったをかける――。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は、11月の欧州遠征に向けたメンバー発表で浦和レッズのFW興梠慎三を招集した。ハリルジャパンで出場すれば2015年の東アジアカップ以来となる。

【一覧】ハリルジャパン「各ポジションの最新序列予想」(2017年10月31日更新)

 ワールドカップ(W杯)本大会への出場を決めたアジア最終予選の後半から、日本代表の1トップはFW大迫勇也(ケルン)がレギュラーの座を確保してきた。大迫が後方からのボールに対して基準点を作る安定したボールキープは、ハリルジャパンの生命線になっていたとすら言えるだろう。それだけに、他の選手の1トップ起用はなかなか考えづらい状況というのが現実ではないだろうか。

 その一方で、興梠は今季の浦和でキャリアハイの20得点をマークし、J1得点ランキングトップに立っている。興梠が浦和に加入したのは13年だが、ミハイロ・ペトロヴィッチ前監督の3-4-2-1システムの中で不動の1トップとして地位を確立。前所属の鹿島アントラーズ時代には、FWマルキーニョスなどファーストトップをサポートするセカンドトップの選手という印象が強かっただけに、1トップで新境地を開いた。

 興梠もまた、大迫と同様にボールキープでの基準点作りが非常に巧みな選手だ。大迫よりも体格的に小柄だが、自分の良いポジションを取って正面から競り合いに行くというよりは、相手の取りたいポジションで体を先にぶつけてしまうというような駆け引きでボールを受ける。興梠のプレーを見ていれば、競り合いにくる相手がどのようなコース取りでボールにアプローチするか首を振って確認し、そのコースを潰すようにポジションを取っているのが分かるだろう。

ハリル監督も期待「興梠は本当に興味深い」

 浦和は今季、ミハイロ・ペトロヴィッチ前監督から堀孝史監督への交代劇が起こった。それによりシステムも変更されているが、興梠はそれによって得点の取り方も再調整している。

 サイドからの攻撃を重要視する点は変わらない。ペナルティーエリアのゴールライン付近まで切り込んでからマイナスのボールが入ってくるパターンから、アーリークロスも含め、浮き球のクロスが入るようになった今の戦術に合わせ、クロスへの入り方を変えた。

 相手の視野から一度消えて、一気に前に入ってくるように合わせることで、身長では競り勝てない相手からもゴールを奪っていく。そうしたプレーの柔軟性もまた興梠の武器だ。代表に定着して周囲を理解すればするほど、そうした一面を見せてくれるだろう。

 ハリル監督は「ここ最近の試合は本当に嬉しいです。得点を取るだけでなく、色々な仕事をしてくれている。興梠は本当に興味深い。守備に戻ることもしっかりやっている。A代表で先発を勝ち取るようなことをしてほしい」と期待を寄せている。これまで代表の大舞台では昨年のリオデジャネイロ五輪にオーバーエイジで出場したのみだが、W杯という最大の舞台に立つチャンスも開けようとしている。

ボールを受けて良し、捌いて良しの万能ぶり

 近年、浦和は毎年のようにタイトルを争うところまでチーム力を復活させてきた。ペトロヴィッチ前監督の功績はもちろんだが、不動の1トップである興梠が果たしてきた貢献はあまりにも大きい。

 ボールを受けて良し、捌いて良し、裏に抜け出せるうえに横からのボールでも点を取れる。まさに万能型という言葉がしっくりくる興梠が、ハリルジャパンの1トップ戦線で1強状態に待ったをかけるはずだ。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

最終更新:11/1(水) 19:28
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新