ここから本文です

アマゾンエコー、2017年は「2200万台」販売予測  昨年から倍増に

2017/11/2(木) 11:30配信

Forbes JAPAN

スマートスピーカーの普及に伴いアメリカでは今後、スマートホームデバイス市場の急拡大が予想されている。フォレスターリサーチの推計では、稼働中のスマートホームデバイスの台数は、2016年の2400万台から2022年には2億4400万台に増加するという。

アマゾンのスマートスピーカー、「アマゾンエコー(Amazon Echo)」は2016年に1100万台が売れたが、フォレスターは2017年の販売台数がその2倍の2200万台に達すると予測している。スマートホームデバイスに占めるスマートスピーカーの割合は、2017年の50%から2022年には68%に増える見込みだ。

アマゾンエコーの成長のカギを握るのが、アマゾンプライム会員の増加だ。現在、全米でアマゾンプライム会員の数は4800万人いるとされる。フォレスターは、アマゾンプライム会員の中でスマートスピーカーを保有する人の割合は、2017年の28%から2022年には61%に増えると予測する。2022年には、全米の家庭の50%に当たる6630万世帯が少なくとも1台のスマートスピーカーを保有し、稼働中のスマートスピーカーの台数は、2017年の2130万台から1億6620万台に増えるという。

スマートスピーカー以外のスマートホームデバイスについても今後市場の拡大が期待される。フォレスターによると、2016年には730万世帯がスマートスピーカーを除くスマートホームデバイスを保有していたが、2022年には全米の家庭の20%に当たる2700万世帯が少なくとも1台のスマートホームデバイスを保有するようになる。同社は、インストールベースでのスマートホームデバイス市場の2017年~2022年におけるCAGR(年間平均成長率)を42%と予測している。

スマートホームデバイスの中で、家庭への普及が最も進んでいるのはスマートスピーカーだが、続いて多いのがコネクテッドスピーカーとスマート電球や照明となっている。スマート電球や照明、スマートサーモスタットなど、スマートスピーカーで制御できる製品は、介護モニタリング機器などに比べて普及スピードが早いことが予想される。

一方で、スマートホームの普及の障害となっているのが、高額な月額サービス料金やプライバシー侵害に対する懸念、初期のセットアップ費用だという。また、消費者がスマートホーム関連商品を購入する際に、最も信用を置くのはアマゾンと日曜大工店で、続いて家電用品店、家電メーカー、グーグルだという。

1/2ページ

最終更新:2017/11/2(木) 11:30
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2018年2月号

株式会社アトミックスメディア

2018年2月号
12月25日(月)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。