ここから本文です

日本で再始動するジェジュン「自分自身を捨てる努力をした」

11/7(火) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 この日がついに来た! 韓国人気グループJYJのジェジュン(31)が、日本での活動を本格的に開始する。11月からはいよいよ主演ドラマの放送がスタート。

 ジェジュンが2016年12月の除隊直後の初作品に選んだのは、摩訶不思議なラブコメディー。『マンホール~不思議な国のピル~』で彼が扮するフリーターのボン・ピルは、長年片思いを続ける女友達の結婚をやめさせて自分に振り向かせるため、マンホールに落ちてはタイムスリップを繰り返す。ある時は高校生、ある時はヤクザ、軍人、そして警察官…。

 ジェジュンは文字どおり七変化していくのだが、それこそがこの役を引き受けた理由だった。

「タイムスリップするたびにキャラクターが変わるので、それに応じて変化する感情表現の演技をお見せしたかったんです」とジェジュン。

 演じ分けの苦労を聞くと、「まずは自分自身を捨てる努力をしました」と明るく笑った。ステージで見せるカリスマとはまったく違う、弾けた演技に注目を。

「除隊したら、また以前と同じパターンの活動に戻るんだろうと思っていたのですが、今日のような新しい仕事(『テレビ朝日 ドリームフェスティバル2017』への出演)ができるのがすごくうれしい! これからが楽しくなるような、希望をもらえた2017年でした。どんどんいろんな仕事が増えていくのが楽しみですね」

――10月26日、『テレビ朝日 ドリームフェスティバル2017』)に登場したジェジュン。日本での音楽イベント出演は8年ぶり。ジェジュンはこの日、大きな一歩を踏み出した。

「こんばんは~、ジェジュンと申しま~す!」

――オープニング2曲を激しく力強いロックテーストで飾った直後の低姿勢でゆるいあいさつに、会場中がドッと沸いた。ファンにとってはこのギャップこそ、彼の魅力といえる。

 セットリストは『One Kiss』『Good Morning Night』など、おなじみのラインナップ。かと思えば、中島みゆきの『化粧』をしっとり歌い上げ、はじめましてのファンの耳にも絶対的歌唱力を刻み込んだ。

 12月には公式ファンクラブサイトのオープンのほか、来日予定があることも明かしてくれたジェジュン。日本のファンを驚喜させる日々は、もう止まらない。

撮影/平野哲郎

※女性セブン2017年11月16日号