ここから本文です

遅れてきた“秘密兵器”長澤、泰然自若の心構え 「チャンスはいつ巡ってくるか分からない」

11/8(水) 10:10配信

Football ZONE web

ハリルホジッチ監督から代表に抜擢 「分かりやすく選手に伝えてくれる」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が期待する新戦力、代表初招集のMF長澤和輝(浦和レッズ)は、高揚感や浮き足立った感じを全く見せることなく、地に足のついた様子を際立たせている。国際親善試合のブラジル戦が行われるフランス入りしているハリルジャパンは7日、非公開で戦術面にも踏み込んだトレーニングを行ったが、長澤は「自分のプレーができて、それがチームの勝利につながれば」と冷静に話した。

【写真】日本のほかドイツ、スペイン、アルゼンチンなど強豪国も続々発表! “復刻版”が目立つアディダス社のW杯用新ユニフォーム

 長澤は専修大からJリーグを経由せずにブンデスリーガのケルンに加入。その後、チーム内でも存在感を発揮したが、膝の負傷もあり日本への移籍を決断し、浦和が昨年1月に保有権を獲得。昨季はJ2ジェフユナイテッド千葉でのプレーを経て、今季浦和に復帰している。ミハイロ・ペトロヴィッチ前監督の指揮下ではほとんど出場機会を得られずも、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の上海上港(中国)戦の活躍もあって、いきなり代表に抜擢された。

 そうした状況にも長澤は「チャンスはいつ巡ってくるか分からないので、その部分は身を持って体験したと思う。大学の時もいきなりブンデスリーガに行きましたけど、常にやっていくことが次のチャンスにつながるかもしれないので。そうは言ってもいつ来るか分からないので、やり続けるしかないと思います」と、泰然自若を貫く。

 今回はMF香川真司(ドルトムント)が招集外となり、長澤は代わってインサイドハーフに入ることが濃厚だ。浦和でも堀孝史新監督の下で務めているポジションであり、ハリルホジッチ監督の戦術にも「分かりやすく選手に伝えてくれると思う。守備なら、こういうポジションで、こう出ていけと。指示の部分で分かりやすいですね。チームでやっているのと同じポジションが良さを出せると思う。守備や攻撃で求められていることが、監督の言葉や態度から勉強できれば」と、スムーズに順応できていることを明かした。

1/2ページ

最終更新:11/8(水) 11:22
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新