ここから本文です

「視線はすでに平昌を向いている」 女王メドベージェワ、米記者がNHK杯優勝を予想

11/9(木) 17:25配信

THE ANSWER

メドベージェワは「疑いなく最有力候補」 米記者がGPシリーズ第4戦を独自展望

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯は10日に開幕する。GPファイナル出場権を懸けた戦いも後半戦に突入。今大会、女子では世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)やカロリーナ・コストナー(イタリア)のほか、左股関節疲労骨折から復活を期す宮原知子(関大)も登場するが、米国の記者は「メドベージェワが間違いなく最有力候補」と後半戦初戦の優勝を予想している。

【画像】息が苦しいほどの熱いハグ!? メドベージェワはいたずら笑み…樋口が公開した“熱すぎる抱擁2ショット”の一枚

「サトコ・ミヤハラが戻ってくる」とのタイトルで、NHK杯のプレビューを行ったのは、20年以上フィギュア界に携わってきたジャッキー・ウォン記者だ。

 同記者は、自身のブログで独自に結果を予想。金メダルには第1戦のロステレコム杯で優勝を飾ったメドベージェワを挙げた。2017年の世界選手権を制した女王を「疑いなく最有力候補」とし、「彼女は大阪にいるかもしれないが、視線はすでに平昌を向いているだろう」と参戦するGPシリーズ以上に、来年2月に行われる平昌五輪にフォーカスしていると見ている。

“対抗馬”には、ロステレコム杯でメドベージェワに続く2位でフィニッシュしたカロリーナ・コストナー(イタリア)を選び、「今大会唯一メドベージェワに挑戦できる材料を持ったスケーター」と評価。無理に難易度の高いルッツや3回転の連続ジャンプにはチャレンジせず、「手堅く滑るなら、銀メダルは堅いだろう」と分析した。

復帰初戦の宮原は「全快あるいはそれに近いかどうかにかかっている」

 そして銅メダル候補として「前回来日時の10月のジャパンオープンでは素晴らしかった」と長洲未来(米国)を挙げたのに続き、ウォン記者が触れたのが宮原だ。左股関節疲労骨折から復活を期して挑む今季初戦。「今週の彼女のパフォーマンスは、回転がどのくらい確かか、そして、全快あるいはそれに近いかどうかにかかっている」とコンディションをどこまで取り戻しているかが鍵を握るとしている。

 NHK杯には他に本郷理華(邦和スポーツランド)や白岩優奈(京都両洋高)、2015年ジュニアGPファイナル優勝者のポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)などが出場予定。女王メドベージェワに、宮原やコストナーら周囲の選手がどこまで渡り合えるか、という構図になりそうだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:11/9(木) 21:12
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。