ここから本文です

コーンズのファクトリーが日本初のフェラーリ・クラシックモデル認定ワークショップに指定を取得

2017/11/9(木) 7:03配信

clicccar

フェラーリの正規ディーラーとして知られるコーンズ・モータース株式会社の2拠点が、フェラーリ本社より、製造から20年以上経過したフェラーリ・クラシックモデルの維持・修理が許可された認定ワークショップ「オフィチーナ・フェラーリ・クラシケ」の指定を日本で初めて取得したことが発表されました。

※オフィチーナとはイタリア語でワークショップの意



認定を受けたコーンズのサービスセンターは、「コーンズ 東雲サービスセンター」(東京・江東区)と「コーンズ 大阪サービスセンター」(大阪市・住之江区)の2か所。いずれも、今後はイタリア・マラネッロのファクトリーにあるフェラーリ・クラシケ部門から直接サポートを受けるということです。

また、フェラーリ・クラシケのメンテナンス、修理、および証明書の発行を専門に行なうためのトレーニングを受け、適切な資格を有したフェラーリ・クラシケ・サービス・テクニシャンが常時在籍するといいます。クラシック・フェラーリのオーナーにとって心強い拠点となりそうです。

コーンズ東雲サービスセンター
敷地面積:1,100m²
オープン日:2017年6月2日(金)
延床面積:4,071m²
所在地:東京都江東区東雲2-5-6
人員体制:20名

コーンズ大阪サービスセンター
敷地面積:8,264.99m²
オープン日:2009年6月19日(金)
延床面積:3,724.79m²
所在地:大阪市住之江区南港東9-4-60
人員体制:18名

(山本晋也)

最終更新:2017/11/9(木) 7:03
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)