ここから本文です

結婚27年目 時任三郎の妻が明かす夫婦円満の秘訣とは――

11/11(土) 6:02配信

女性自身

「『過保護のカホコ』は、私も見ていました。主人は、子ども思いでマメで、いつも一生懸命で……、実生活もあんな感じですよ。本当に無欲なんです。『えっ?何で受けなかったの!?』と、思わず言ってしまうような、“すごい仕事”をあっさり断ってしまったり。お金にも執着しませんし、物欲もない、ブランドの名前も知らないし……、あっユニクロは知っていましたね。ふつうの人なら、ヨガで瞑想をしながら、やっとたどり着けるような境地に、自然に立っているんです。不思議な人ですよ(笑)」

そう話してくれたのは、俳優の時任三郎(59)の妻・千佳さん(50)。ライフ・カウンセラーとして、日本のみならず世界を駆け回る彼女は、これまで大勢の人々の心を癒してきた。2人は'91年2月に入籍、'91年に長男、'93年に長女、'99年に次男と、3人の子どもに恵まれた。千佳さんは'10年から'12年までの2年間、東京・青山でヒーリング・サロンを開催。

現在、千佳さんは世界の聖地からブログでメッセージを発したり、日本各地でヨガのワークショップを開催したり、著書『いいことしか起きない30のルール』(幻冬舎文庫)を出版したりと、活動の場を広げている。そんな彼女の活動を支えてくれているのが、夫・時任の存在だという。

「青山でヒーリングサロンを開催していたときは、次男がまだ10歳ぐらいでした。私が不在のときは、主人が家事も育児も完璧にこなしてくれています。かえってくると、家がすごくキレイになっているので驚きます(笑)。実は彼は、高校時代に手芸部に在籍していて、縫い物が得意なんです。私が外出間際に、裾のほつれに気が付いたときも、『すぐに縫える?』と、お願いすると、さっと上手に縫ってくれたりします。わが家は、私を含めて子どもが4人(笑)。主人が父親役も母親役もこなしてくれているんです。本を出版するときは主人には相談しませんでしたが、出版後に一言だけ、『よくなる人がいれば、素晴らしいことだね』と、言ってくれました」(千佳さん・以下同)

結婚から27年。千佳さんは、“主人”という言葉を口にするたびに、表情がやわらかくなり、幸せぶりが伝わってくる。“夫婦円満の秘訣”を聞いてみた。

「自分だけやりたいことをして幸せになって、というばかりではいけないと思います。著書にもこう書きました。《恋愛における失敗の多くは、パートナーを支配することから始まります》。愛情には、『宇宙的な愛』と『地球的な愛』があると考えています。『地球的な愛』は、嫉妬したり、相手の携帯電話をチェックしたりと、愛するがゆえに相手を支配しようとするものです。『宇宙的な愛』は、本当に相手の幸せを願うものです。極端なことを言えば、相手に好きな人ができたことさえ、喜ぶべきなのです。万が一、主人から『好きな人ができた』と告白されたら、悲しみながらも祝福してあげられる自信があります。慰謝料とかで、もめたりしませんよ(笑)。もちろん、そんな事態は起こらないでほしいですし、少なくとも私から別れ話をすることはないと思います」

最終更新:11/11(土) 6:02
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2802号・12月12日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

貴乃花親方 協会対立波紋…妻への厳しい声
貴乃花親方 沈黙守る理由…封印された真実
綾瀬はるか 笑顔にした日本版アンジー発言