ここから本文です

100円ショップでみつけた電気コード“おまとめ”グッズ [おとなスタイル]

11/11(土) 10:00配信

講談社 JOSEISHI.NET

電気コードやケーブル、家のあちらこちらでコードがごちゃついていてうんざり、なんてことはありませんか? そんな悩みをスッキリ解決してくれるグッズを、『さよさんの「きれいが続く」収納レッスン』(講談社)の著者であり、整理収納のプロ、小西紗代さんに教えてもらいました。

整理収納教室で生徒さんに最も評判が良かったのが、ダイソーの「コードクリップ」です。ワンタッチでまとめられるので、毎日使うドライヤーなどにおすすめです。コードをがっちり掴んでくれる3cm幅のMサイズが一番使いやすいですよ。

ついつい壁にだらりと垂れさせてしまうコードは、ホームセンターなどで売っているモールを使ってまとめちゃいましょう。両面テープ付きのものなら、自分で簡単に設置することができます。TV周辺のケーブルはスパイラルチューブを使ってまとめます。こちらも100円ショップで販売しています。

ケーブルを隠すためのアイテムも100円ショップで

セリアにはコード専用の「タップボックス」(外寸約W8.2×D22×H19.5cm)があります。両サイドが開いていて、底は熱をためこまないように穴が開いているので安心です。フタ付きだからほこりもたまらず、お掃除も簡単。

熱をため込む心配がない場合は、粘着ロールスタンドケースをケーブルボックスとして活用するのもおすすめ。高さがあるので、長いケーブルも十分に入ります。こちらもセリアで販売しています。

小西紗代 こにし・さよ
幼稚園教諭を経て、整理収納アドバイザー1級、風水鑑定士の資格を取得。2011年8月より整理収納サロン「神戸のちいさな収納教室」を主宰。予約が取れない人気教室となっている。雑誌、テレビ、ラジオでも幅広く活躍中。著書に『さよさんの片づけ力が身につくおうちレッスン』(扶桑社)『さよさんの片づけが大好きになる収納教室』『さよさんの開運・整理収納術』(宝島社)『さよさんの「時短家事」スタイル』(三笠書房)がある。新刊『片づけやすさのカギはグッズ活用術にある! さよさんの「キレイが続く」収納レッスン』(講談社)では、これまでの経験をもとに本当に使えるグッズを紹介している。

最終更新:11/11(土) 10:00
講談社 JOSEISHI.NET