ここから本文です

宗教保守派の勝利からスキャンダル騒動へ アラバマ補選のドタバタ

11/14(火) 17:09配信

ニューズウィーク日本版

保守王国アラバマ州の上院補選で宗教保守派の共和党候補に女性スキャンダルが

アラバマ州といえば、南部の中でも特に保守票の多い州であり、1997年以来、州選出の連邦上院議員は2議席とも共和党が占めています。その前は、民主党が優勢でしたが、当時は民主党の方が「人種隔離政策」を掲げていた時代でしたから、特にリベラルが優勢な時代だったわけではありません。

米共和党減税案、上位1%は中間層

ちなみに、1997年からの20年間は同じ2人の共和党上院議員が連続して選出されています。1人は、リチャード・シェルビー議員ですが、もう1人のジェフ・セッションズ議員は、トランプ政権発足に伴って司法長官に転出することになりました。その議席は、とりあえず州の司法長官だったルーサー・ストレンジという人が継承しました。

ですが、アラバマ州の場合は法律で補欠選挙を実施することになっており、今年の12月に予定された補欠選挙へ向けて共和党内では予備選が行われました。この予備選で、不思議な対立構図が発生したのです。

とりあえず「現職」のストレンジ氏は、上院の同僚の受けも良かったようですし、例えば「パリ協定離脱賛成」を掲げるなど「十分に保守的な立ち位置」を示していました。また、大統領にしてみれば自分を支持してくれているということもあり、このストレンジ氏を推したのでした。

ところが、そこへ強力な対抗馬が出てきました。ロイ・ムーアという州最高裁の首席判事が予備選に出てきたのです。ムーアという人は、州の法曹の叩き上げですが、いわゆる宗教保守派であり、特に「モーセの十戒」の巨大なモニュメントを作ったり、学校の教室に掲げさせるといった「奇行」が問題になっていたのです。

州の最高裁判事が政教分離に違反しているということで、わざわざムーアを裁くために州知事が特別法廷を開くなどすったもんだの末に、この2017年4月には州最高裁の判事を解任されています。その結果として、一部の保守派からはヒーロー扱いされたりもしていたのです。

そのムーアに目をつけたのが、トランプ政権を放逐されたスチーブン・バノンでした。バノンと言う人は、宗教保守派のことを評価していませんが、このムーアの「闘争姿勢」の中に、ワシントンの権威と戦うガッツを見出したようで、なりふり構わずムーアの応援をネットを使って始めたのです。ムーアは、カウボーイハットをトレードマークに、選挙運動を繰り広げました。

その結果として、1回目の投票ではムーア候補38.9%対ストレンジ候補32.8%で勝者なしとなり、2回目の決選投票に持ち込まれた結果、ムーア候補が54.6%を得票して現職のストレンジ候補を破ってしまったのです。

つまり「トランプがバノンに負けた」ということで、メディアは結構騒いだのですが、トランプからして見れば「真正保守のムーア」を別に憎む理由もないので、予備選の後は、あっけらかんとムーアを応援していました。

この補欠選挙は12月12日(火)に設定されているのですが、投票までほぼ1カ月となった11月9日(木)になってワシントン・ポスト紙が大きなスクープを報じました。ムーア候補は、地区の副検事であった30代の時に、4人の未成年女性に対して性的な行為を行った、その中には当時14歳の女性も含まれていたというのです。

本人は「意図的な報道」だとして事実関係を否定、アジア歴訪中のトランプ大統領も「フェイクニュースだ」としてムーア支持を続けているのですが、ワシントンは大騒動になりました。共和党の重鎮議員たちは、次々に「ムーア不支持」を表明したのです。問題が問題だけに「かばっている」とみなされるような言動は出来ないからです。

大統領と同様に「フェイクニュース説」を強く主張し続けたFOXニュースのショーン・ハニティは、大手スポンサーが続々と番組提供を降板する事態に追い込まれました。その中には、ある大手コーヒーメーカーが入っていたのですが、事態に対して怒った宗教保守派、つまりムーア支持者が「コーヒーメーカーを打ちこわす動画」を拡散したりと、関連して様々な騒動が起きています。

問題は、アラバマの公選法では既に「投票用紙に記載する名簿」の変更受け付け期間は終わっているということです。ですから、例えば予備選2位のストレンジ候補と「スイッチする」というのはテクニカルに不可能です。そんな中、ムーア候補は「これは政治的陰謀だ」と叫び続けているのですが、「5番目の女性」が堂々と登場したり、「当時のムーア氏は、未成年の女性を連れてショッピングモールを徘徊するのが有名だった」という地元の証言がゾロゾロ出てきたり、状況はかなり苦しくなってきています。

共和党の内部からも「こうなったら民主党候補に投票するしかない」とか「万が一当選して議事堂にやってきたら、155年ぶりに倫理問題を理由に上院議員除名をやらないといけない」などという声が出ています。

こうした流れで、現在の政治情勢では「まず不可能」だったはずの「アラバマ州の上院1議席が民主党に行く」という可能性が現実味を帯びてきました。現在の連邦上院は52対48で共和党が多数ですが、2018年の中間選挙を前に、この1議席が極めて重たい意味を持ってきています。

冷泉彰彦(在米作家、ジャーナリスト)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-12・19号
12/12発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。