ここから本文です

「デカい顔ができる」 ベルギーで人気急上昇中の森岡亮太、活躍の地で“撃破宣言”

11/14(火) 22:01配信

Football ZONE web

ベルギーは「優勝候補の一つ」 「自分がどれだけできるか」というスタンスで挑む

 今夏、ポーランド1部のシロンスク・ヴロツワフからベルギー1部ワースラント・ベベレンに移籍した日本代表MF森岡亮太は、リーグ戦で開幕から14試合連続でスタメン出場を続け、7得点8アシストと結果を残し、ベルギー国内でも注目を集めている。バヒド・ハリルホジッチ監督も期待を寄せる26歳のMFは、「日本がベルギーに勝てば、チームに帰った時にデカい顔ができる……勝ちたいですね」と強敵撃破を誓った。

【一覧】ハリルジャパン「各ポジションの最新序列予想」

 ハリルホジッチ監督はメンバー選考の際に「ベルギーで彼のポジティブな話がかなり出ている。最後のパス、得点、オフェンス面について評価できる」と攻撃面の能力を高く買っているという。その一方で、「私のアシスタントに向こうに1週間滞在して監督と話し、練習を見てきてもらった。守備面、デュエルは伸ばさなければいけない。彼とも何度かそういう話はしている」と明かした。

 ベルギー代表について森岡は「ベルギーの普段のイメージで代表戦をいけるかというと、そこはレベルが違うと思う。ブラジルと一緒で、優勝候補の一つ。そのなかで自分がどれだけできるかというスタンスはブラジルの時と変わらない」と口にする。10日のブラジル戦では後半25分から途中出場したが、ハリルホジッチ監督の指示とは異なる状況がピッチ内で生まれていたという。

「試合に入る時に監督に言われたことと、実際に中で状況が違ったので、ちょっと戸惑いました。監督にはボランチをしっかりケアするように言われて入ったんですけど、実際に中に入ったらガンガン前から行くぞとなっていて、どういくねんみたいなところがちょっと最初は戸惑いました」

「どれだけ決定機やチャンスを作れるか」

 ブラジル戦は戸惑いを隠せなかったという森岡だが、「そこはチームメイトと話しましたし、今は頭の中で整理ができている」と着実にチームに馴染んでいる。自身が活躍するベルギーでの国際親善試合とあって、自然と気合いも入っているようだ。

 所属するベベレンでも地歩を固めているが、「日本がベルギーに勝てば、チームに帰った時にでかい顔ができるんで…そこは勝ちたいですね」と力を込めた。ハリルホジッチ体制初招集の森岡にとって、ベルギー戦は貴重なアピールの場であり、「守備面はしっかりやるなかで、自分の良さというか、どれだけ決定機やチャンスを作れるかをトライし続ける」と意欲を燃やす。

 現地ベルギーのメディアも大きな注目を寄せるなか、特大のインパクトを残せるだろうか。

大木 勇(Football ZONE web編集部)●文 text by Isamu Oki

最終更新:11/14(火) 23:13
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

配信終了のお知らせ(11月16日)

  • nikkei BPnetの配信が終了しました。