ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

伊代表、27本シュート&支配率76%と圧倒も無得点。またも強豪国がW杯出場逃す

2017/11/14(火) 8:03配信

フットボールチャンネル

 現地時間13日に2018年ロシアW杯欧州予選プレーオフ2ndレグの試合が行われ、イタリア代表はスウェーデン代表と対戦し0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計0-1となったことでイタリアは60年ぶりにW杯出場を逃している。

【ロシアW杯】プレーオフ日程結果一覧

 英メディア『BBC』が公開しているデータによると、イタリアのボール支配率は76%とスウェーデンを圧倒。27本のシュートを放ち、6本のシュートが枠内に飛んだが1点も奪うことができなかったという。スウェーデンはボール支配率24%と劣勢な状況の中で、イタリアの猛攻を耐え抜いた。

 イタリアは1958年スウェーデン大会以来、60年ぶりの予選敗退。ロシアW杯は、イタリアを含めてオランダ代表やチリ代表、アメリカ代表やウェールズ代表、コートジボワール代表などの強豪国が出場を逃した大会となる。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)