ここから本文です

涙の選手、怒る国民、居直る指揮官。W杯を失ったイタリア「世界の破滅」。

11/14(火) 18:21配信

Number Web

 イタリアのゴールマウスに毅然と立つ守護神ブッフォンは、もう見られない。

 ロシアW杯欧州予選プレーオフで、イタリア代表はスウェーデンに敗れ、予選敗退が決まった。4度の優勝を誇るアズーリが本大会出場を逃すのは1958年大会の予選以来、60年ぶりのことだ。

 「俺たちは敗北した。こんな形で代表を去るなんて、本当に悲しい」

 試合後、主将ブッフォンの目は真っ赤だった。

 歴代最多出場記録を更新し続けてきた代表での175試合目を終えた彼は、ロシア行きを逃せばその時点で代表最後の試合になることを知っていた。涙と嗚咽を抑えきれなかった。

 2017年11月13日。イタリア・サッカーの1つの時代が、終わった。

 3日前、ストックホルムでのプレーオフ初戦に0-1で敗れたイタリアは、カルチョの殿堂サン・シーロでスウェーデンを迎え撃った。逆転突破には2点差以上での勝利が条件だった。

7万2千人がトリコロールで埋めたスタジアム。

 アズーリの老将ベントゥーラは、MFジョルジーニョら3人を初戦から入れ替えて決戦に挑んだ。

 7万2千の大観衆が赤白緑のトリコロール・カラーで埋めたサン・シーロで、イタリアはキックオフから攻めに攻めた。ゲームを圧倒的に支配し、前半のボールポゼッションは実に74%近くに達した。

 後半に入り、GKブッフォン以外の21人が全員スウェーデン陣内にいる時間帯も少なくなかった。最低でも90分の間に1点奪って、イーブンスコアにしなければ延長戦にも持ち込めない。

 だが、どれだけ攻めてもゴールは遠かった。53分、MFフロレンツィが放ったジャンピングボレーは惜しくも右に外れた。

 スカンジナビアの巨人たちは頭や四肢を駆使して、自陣ゴールに迫るあらゆるボールを弾き返した。彼らも必死だった。

「そりゃあキミぃ、アポカリプスだよ」

 ホームの大声援を受けるアズーリは、初戦とは打って変わって戦う集団だった。ベントゥーラ体制下となって初めて見る光景にどこか違和感を覚えつつ、時計の分針は進んでいった。

 60分、初戦で鼻骨を折られたDFボヌッチが、邪魔だと言わんばかりに顔面のガードマスクを剥ぎとった。

 64分、ベントゥーラはFWベロッティとFWエルシャーラウィを同時に投入したが、ボールは繋がらない。76分にはFWベルナルデスキまで入れたが、攻勢はペースダウンした。

 途中出場した3人の若手FWと先発したFWインモービレの4人同時起用など、予選を通じて一度も試したことがない。破れかぶれに等しい大博打が成功するはずもなく、逆にスウェーデンのカウンターからあわや失点のピンチを何度か迎えた。

 残り時間10分を切り、アズーリの選手たちは決死の形相でボールを追った。彼らにとってサン・シーロを包んだ国歌「マメーリ賛歌」の大合唱がどれほど支えになったことか。

 95分、アディショナルタイム2度目のCKに攻撃参加したGKブッフォンは、自らのゴールマウスに戻る間もなく、タイムアップの笛を聞いた。

 もし、アズーリがロシアW杯行きを逃したら? 

 小役人風情のイタリア・サッカー連盟のタヴェッキオ会長は予見していた。

 「そりゃあキミぃ、アポカリプス(世界の破滅)だよ」

1/3ページ

最終更新:11/15(水) 16:21
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

940号
11月22日発売

定価590円(税込)

動乱の時代のフットボール。~ロシアW杯出場32カ国最新格付~

32カ国完全データブック
【敗退の真相】 ブッフォンの涙/ロッベン激白