ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本代表の試合がテロの標的に? ベルギー戦は「信ぴょう性のある情報」で警備強化

2017/11/15(水) 8:25配信

フットボールチャンネル

 現地時間14日にベルギーのブルージュで行われたベルギー対日本の国際親善試合がテロの標的となる可能性があったと、現地メディア『DH.de』などが伝えている。

【ロシアW杯出場決定国一覧】激戦必至の大陸予選。出場枠を手にした国は…

 ベルギーメディアによると、試合前に警察がテロに関する情報を入手した。信ぴょう性のある報告と判断され、即座にこの脅威に対する調査が行われたとのことだ。

 これを受けて、主催者とブルージュ市長の合意により警備が強化。通常より厳重なセキュリティチェックをしたため、スタジアム到着が遅れた観客がいたものの、予定どおり試合が行われている。

 ベルギーは近年、テロに対する警戒レベルが高い。日本サッカー協会は試合当日、「現地で観戦される皆さまへ手荷物持込み禁止のお知らせ」と題して「フランス及びベルギーでおこったテロ事件以来、試合会場におけるセキュリティを強化しており、ベルギー国内の全試合において、同様の対策が講じられています。本日の試合の観戦を予定されている皆さまは、手荷物はご自宅、または宿泊されているホテルに置いていく、またはコインロッカー等に預けるなどして、スタジアムへお越しいただきますよう、お願いいたします」と伝えている。

 また、報道陣に対しても協会から注意喚起があり、持ち物検査などがあった場合の協力を要請するメールが届いていた。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)