ここから本文です

草刈正雄の愛娘・紅蘭が恋人ラッパーの覚せい剤使用に「錯乱状態」と明かす

11/15(水) 7:10配信

デイリー新潮

「懲役ラッパー」交際で、紅蘭コメント全文掲載(2)

 草刈正雄の長女、紅蘭(くらん:28)が、「週刊新潮」の取材に対し、「凄絶犯歴」のラッパー・RYKEY(リッキー)との交際を肯定。芸能界に限らず、大きな反響を引き起こした。

 ***

 そもそもRYKEYとは、どんな男なのか、詳しくは第1回の「草刈正雄の愛娘・紅蘭を記者直撃で「草刈正雄の愛娘・紅蘭が恋人ラッパーを語る『彼の前科は分からない』」をご覧頂きたい。

 とにもかくにも2010年に強盗致傷で2年間服役。更に16年には紅蘭本人がRYKEYのDVなどを警察に相談、覚せい剤関係の捜査が進んだこともあり、再び収監。今年7月に出所してきたばかり――と、少なくとも親の視点からは「招かれざる恋人」であるのは言うまでもない。

「週刊新潮」が11月9日号に掲載した記事「『草刈正雄』やきもき『愛娘』が溺れるラッパー彼氏の壮絶犯歴」では紅蘭本人のコメントを掲載した。しかし紙幅の関係で、大幅に割愛せざるを得なかった。そこで今回はネット版オリジナル記事、全3回の短期連載として全文をノーカットでお届けしている。

 本人直撃インタビュー全文公開の第2回は、いよいよ恋人逮捕の経緯が、紅蘭本人の口から語られる。基本的に紅蘭の発言に修正などは加えず、そのまま掲載する。

記者が「去年の7月、覚せい剤を使用したRYKEYが、あなたを殴って逮捕されたのは事実ですか?」と訊ねると、紅蘭は「事実です」と認める。

「15年の夏に交際が始まって、私は真剣に彼のことを愛していましたし、彼もそうだと思って、結婚前提の覚悟で付き合っていました。そのとき私は実家住まいだったんですが、半同棲という形で、半分くらいはRYKEYの家にいました。ただ、去年の事件の数日前から、彼が暴力的な言葉を言ったり、暴れたりするようになったんです」

 付き添うマネージャーも「去年の6月末か7月頭くらいから、『急にRYKEYが変わっちゃった』って言ってたよね」と助け舟を出す。

「私、我慢できないタイプなんで、恋人と激しい喧嘩になることは多いんです。なので、最初はちょっと喧嘩がヒートアップしてる感じかと思ったんです。でも、私がおかしいと思ったのは、きちんとした原因があって喧嘩するんじゃなく、『何でそこで怒るの?』というポイントで激昂することが多くなったんです。RYKEYが声を荒げるところを見たことはなかったし、ビンタされることもなかったから、最初は驚きました。ただ数日間は『仕事で嫌なことがあったのかな?』、『何かイライラしているのかな』と思って我慢していたんです。けど1週間くらいその状態が続いて、『私には手に負えない』、『いかれてんな』と思って一度実家に逃げました。その日、RYKEYは錯乱状態で怒鳴ったり暴れたりしていたので、本当に逃げるように帰った感じです」

1/2ページ

最終更新:11/16(木) 17:31
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。