ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ジョージ王子が半ズボンしか履かない理由

2017/11/17(金) 22:00配信

コスモポリタン

世界中のメディアに愛くるしい姿を披露してくれるジョージ王子。新しいものが公開されるやいなや、ついつい見てしまうジョージ王子の写真の数々だけど、ふと気になる点が…。

【写真】微笑ましい、ジョージ王子のベストショット23選

なぜ、ジョージ王子はいつも半ズボンなの?

このたび、その理由が明らかになったもよう。実はイギリス上流貴族ならではの伝統文化が関係しており、小さな子供が長ズボンを履くことは“田舎くさい“と見なされてきたんだとか。

マナー講師のウィリアム・ハンソン氏によると、「小さな男の子が半ズボンを履くのは、イギリスならではの風習です。長ズボンは成人男性向けのものと考えられており、子供の半ズボン姿は階級を表す暗黙のサインでもあるのです。時代の変化とともに少しずつ変わりつつはありますが、小さな子供が長ズボンを履くことは中流階級特有のものとされており、“田舎くさい“と思われているんです。『田舎者』と言われたい上流貴族なんていないはずですよね」とのこと。

ウィリアム王子とヘンリー王子の幼少時代を見てみると…

こちらもやっぱり半ズボン。

「風習として一般的に、男の子は8歳ごろから長ズボンを履き始めると言われています」とハンソン氏は解説。

「歴史的に遡ると、たぶんこの風習は16世紀の“Breeching“(赤ちゃんがガウンからブリーチと呼ばれるひざ丈の服に初着替えする儀式)に由来しているんですよ。イギリスの上流階級の人々は伝統を重んじますから、あえてこの古くからの風習を取り入れていると言えるでしょう」

つまり、普段何気なく見ていたジョージ王子の半ズボン姿は、高貴な血筋の象徴だったということ。なるほど、勉強になりました!

最終更新:2017/11/17(金) 22:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。