ここから本文です

「iOS11.1.2」正式にリリース! iPhone Xユーザーは今すぐアップデートすべき理由とは?

2017/11/17(金) 16:00配信

HARBOR BUSINESS Online

 Appleは11月17日、iPhoneやiPadなどのiOSデバイス向けに最新版ソフトウェア「iOS11.1.2」をリリースしました。

⇒【画像】Appleによる最適な温度の範囲。低温時にタッチパネルが反応しない問題があった。

 今回のアップデートでの主な変更点は、

・iPhone Xの画面が一時的に反応しなくなる問題

・iPhone Xで撮影されたLive Photosとビデオで画像が歪む問題

 といった2点のトラブルについてです。11月1日にiPhone Xがリリースされて以来、2度目となる今回のアップデート。前回の「iOS11.1.1」のアップデートから1週間経過した今、どのような機能が搭載されたのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。

◆海外のiPhone Xユーザーの指摘で発覚!?

 1つ目の修正点は、寒い場所でiPhone Xのタッチ入力が一時的に無効になるといった問題についてです。

 実は、海外のiPhone Xユーザーからは以前から「室内から寒い室外へ2秒ほど出ただけで、スクリーンの反応が鈍くなり、サイトを閲覧しようとしても、タッチパネルが指を認識しなくなってしまう」といった報告がされていました。今回のアップデートではそうした問題に対応したことになります。

 Appleによると、iPhoneやiPad、Apple Watchなどがもっともうまく作動する温度の範囲は0~35℃ということです。

 iPhone Xには、独自に設計された「OLEDディスプレイ」が搭載され、話題を呼びましたが、今回、そのタッチ入力システムに思わぬ動作ミスが発覚してしまいました。

◆「i」を入力すると勝手に誤変換

 2つ目の修正点は、iPhone Xで撮影された「Live Photos」とビデオで画像が歪む問題です。こちらも今回のアップデートで無事に修正されました。

 今回の「iOS11.1.2」の対象デバイスはiPhone5s/SE、iPhone6/6Plus世代以降のすべてのiPhone。そして、12.9インチiPad、さらに9.7インチと10.5インチのiPad ProおよびiPad Air/Air2、第5世代iPad、iPad mini2以降、第6世代のiPod touchが当てはまります。

 また、以前から報告されているバッテリードレインや、iPhone8とiPhoneXのGPS精度に関する不具合は「iOS11.2」ベータ版では修正されることが予測されます。

 正式リリースの時期はまだアナウンスされていませんが、そちらのリリースを迎えるまでに「iOS11.1.2」にアップデートし、安定した環境でiPhoneやiPadを使うようにしておきましょう。

<TEXT/HBO取材班>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:2017/11/17(金) 16:00
HARBOR BUSINESS Online