ここから本文です

日本で超絶人気の東方神起に韓国記者からは「正直意外」の声

2017/11/18(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 2年間の兵役を経て、再始動したユンホ(31才)とチャンミン(29才)の東方神起。65万人を動員した5大ドームツアーを大成功させるなど、日本での人気は過熱の一途を辿る。しかし、韓国では一体どんな反応なのだろうか。アイドルの価値観、ファンの性質、メディアの報道姿勢、その全てが日本とはまるで違う韓国の芸能界事情を、現地のスポーツ紙記者Aさん(30代女性)、ネットメディア記者Bさん(20代女性)、テレビ局員Cさん(30代女性)の3名が本音で語りまくった。

A:再始動した東方神起が今、日本でかつてないほど人気らしいんですけど、率直にどう思います?

B:正直、意外だな、と。韓国では、そこまで大衆人気のあるグループではないし…。

C:韓国では兵役を終えて活動を再開した、っていうのが少しニュースになったくらいで、大々的に活動を報じるメディアもないですからね。

B:韓国では今、男性アイドルだと『防弾少年団』とか『Wanna One』、『BTOB』、女性アイドルだと『BLACKPINK』や『TWICE』が人気で、今さら東方神起っていわれても、ピンとこないです。

C:復帰後はバラエティー番組とかよく出ているけど、ツアーにファンが殺到!みたいな再ブームぶりは感じません。活動の中心が日本だからってのもあるのかな?

B:それは大きい。そもそも東方神起って、韓国ではかなり独特の立ち位置ですからね。

A:そうそう。人気がないわけじゃなくて、「昔からファン層が変わらない」っていう珍しいグループ。

C:韓国内ではずっと同じファンがついているイメージですよね。時代が流れ、次から次へと新人アイドルが出てきても、トンペン(東方神起ファンの名称)は脇目も振らずに彼らだけを見ている。ある意味、ファンが“ガラパゴス化”しているというか。これってかなりレアなこと。

A:基本、韓国人のアイドル熱って一過性のものですからね。ファンは流行によってその時々のアイドルに夢中になるけど、すぐ冷める。

1/2ページ

最終更新:2017/11/18(土) 7:00
NEWS ポストセブン