ここから本文です

高田明(V・ファーレン長崎代表取締役社長)―私がJクラブ社長になった理由―

2017/11/18(土) 14:00配信 有料

フットボールチャンネル

県民の夢を潰すわけにはいかない

 V・ファーレン長崎の経営危機。騒動を収束させるべく火中の栗を拾ったのは、長崎の筆頭株主であったジャパネットたかたの元社長、高田明氏だった。一代で通信販売業を牽引する企業を作り上げた高田氏が展望するクラブの将来像とは何か。指定された取材場所、ジャパネットたかた本社へ飛んだ。(文:海江田哲朗『フットボール批評17』を転載)

プロフィール
高田明(たかた・あきら)
1948年11月3日、長崎県平戸市生まれ。通信販売事業大手のジャパネットたかたの創業者。2015年1月まで代表取締役社長を務めていた。今年4月、経営問題に揺れるV・ファーレン長崎の代表取締役社長に就任し、再建に乗り出した。本文:6,020文字 この記事の続きをお読みいただくには、フットボールチャンネルプレミアムの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

  • 通常価格:
    540円/月(初月無料)
    会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

フットボールチャンネルプレミアムの記事一覧へ戻る

海江田哲朗

記事提供社からのご案内(外部サイト)

フットボールチャンネルの前後の記事