ここから本文です

来年のドラフトは大豊作? プロ注目の逸材は…【明治神宮大会レビュー・大学編】〈dot.〉

11/19(日) 16:00配信

AERA dot.

 アマチュア野球の1年を締めくくる大会である「明治神宮野球大会」。大学の部はその年度のチームにとって集大成と言える大会であるが、そこで輝きを見せた選手たちを紹介する。

 今大会で最も注目を浴びたのは、東京六大学で新記録となる5試合連続ホームランをマークした岩見雅紀(慶応大・4年・外野手・楽天ドラフト2位)だ。チームは初戦敗退を喫して期待されたホームランこそ出なかったものの、2安打を放ってチーム唯一の得点を叩き出すなど存在感は見せた。

 今年、岩見が大きく成長したのはボールを長く見られるようになったことだ。昨年まではボール球に簡単に手を出して空振り三振を喫することが多かったが、現在はしっかり見極められるケースが増えてきた。実際、昨年は2シーズンでわずか5四死球だったのが今年は2シーズンでその4倍となる20四死球を選んでいる。今大会の最終打席で放ったタイムリーも追い込まれてからファウルで粘りを見せた末でのものだった。規格外のパワーに加え、課題だった確実性も向上していることは間違いないだろう。

 岩見以外で目立ったのは、来年以降のドラフト会議で注目を集める可能性の高い下級生たちだ。特に投手に好素材が多かったが、中でもMVP級の活躍を見せたのが優勝した日本体育大のエース、東妻勇輔(3年)だ。

 初戦の九州共立大戦ではリリーフで打者11人から9奪三振、決勝戦では2安打完封と非の打ちどころのない投球内容だった。170cmと投手としては小柄だが、全身を大きく使った躍動感あふれるフォームで上背のなさを感じさせない。コンスタントに145キロを超えるストレート、手元で鋭く変化するスライダー、フォーク、チェンジアップといずれのボールも一級品だ。また、ピンチでも闘志を前面に出し、狙って三振を奪えるところも大きな魅力である。

 東妻と二枚看板を背負う松本航(3年)も準決勝で優勝候補筆頭だった東洋大を完封するなど見事なピッチングでチームを支えた。下級生の頃は序盤は150キロに迫るスピードで圧倒しても中盤に崩れることが多かったが、現在は丁寧にコーナーを突いて打ちとるピッチングができるようになった。軸足にしっかりと体重を乗せてからゆったりとステップするフォームは涌井秀章(ロッテ)を彷彿とさせる。

1/3ページ

最終更新:11/19(日) 17:39
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!