ここから本文です

ピルロ&遠藤保仁の時代は終焉?「ボランチ=司令塔」はどこへ行く

2017/11/20(月) 19:00配信

footballista

喫茶店バル・フットボリスタ ~店主とゲストの蹴球談議~

毎号ワンテーマを掘り下げる月刊フットボリスタ。実は編集者の知りたいことを作りながら学んでいるという面もあるんです。そこで得たことをゲストと一緒に語り合うのが、喫茶店バル・フットボリスタ。お茶でも飲みながらざっくばらんに、時にシリアスに本音トーク。


今回のお題:月刊フットボリスタ17年12月号
「ボランチの危機。ピルロ、シャビのいない世界」

店主 :浅野賀一(フットボリスタ編集長)
ゲスト:川端暁彦



■『ボランチ』は機能?ポジション?


川端「今回のフットボリスタは『ボランチ』がテーマ。編集長、マニアック過ぎませんか?(笑)」

浅野「実はきっかけの一つにU-20W杯が終わった後の川端さんとの会話がありました。ヨーロッパ勢やアフリカ勢はもちろん、南米勢も単純にボランチに足の速い選手を置くようになっている、と。ボランチに頭脳ではなく、アスレティック能力が求められる時代が来ているのかもしれないという話でした」

川端「自分のせいでしたか(笑)。日本でボランチと言えば、足の遅い選手がやるポジションという傾向が少なからずありますが、世界的なトレンドは明らかに違ってきているぞ、と。『ハンドル』じゃなくて『アクセル』になってきていると感じます。しかし、僕らがこうやって何気なく使っているこの『ボランチ』という言葉自体がそもそも厄介ですよね(笑)。エル・ゴラッソの創刊時期もそうでしたが、フットボリスタも揉めたんですよね、この言葉の扱いを」

浅野「今回の特集にあたって『ボランチ』というサッカー用語をどう捉えるかというのはあらためて議論しました。本来のポルトガル語の意味は『ハンドル』や『舵』であって、いわゆる後方からゲームを操る『機能』も含まれるという解釈もある。一方、日本サッカー界は現場もメディアもポジション用語であるセントラルMFの言い換えで使っています。『機能』なのか『ポジション』なのか曖昧なんですね。今回の特集タイトルである『ボランチの危機』は、後方のゲームメイカーを指しているので『機能』の方で使いました」

川端「ボランチという言葉を嫌がる欧州派に対し、創刊時の木村浩嗣編集長が『日本でその言葉が定着しているなら、それでええじゃないか』と認めて、本誌でも使われるようになったと聞きました」

浅野「結局、ごちゃごちゃ言うより『通じること』が大切だからね。だから今回の特集も木村イズムを踏襲しています(笑)」

川端「ただ、そもそも『ボランチというのは後方から操る云々』が、そもそも誤解なんですよね。今回の号でブラジル在住の沢田啓明さんもしっかり指摘されていますが、ブラジルにおいて『ボランチ』にレジスタ的なニュアンスはなく、純粋なポジション名なわけです。『ハンドル』云々は日本で生まれた和製ニュアンス(笑)。ただ今回はまさに『レジスタ』的ニュアンスで、カタカナ日本語としての『ボランチ』を使ったわけですよね?」

浅野「そうです。日本でボランチと聞いてイメージするのは遠藤保仁や中村憲剛ですよね。だから『ボランチの危機』の方がわかりやすいかな、と」

川端「まさに、そういうことですよね。世界ではピルロやシャビが典型例として出てきますが、日本で言えば『遠藤保仁や中村憲剛の後に続く選手はおるんかいな?』ということでもありますね」

浅野「昨シーズンでシャビ・アロンソが引退し、ピルロやシャビもスパイクを脱ぐことを発表しました。アスリート化する欧州サッカーで彼らのようなマエストロが生き残れるのかというのがメインテーマですね」

1/5ページ

最終更新:2017/11/21(火) 19:52
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 054
2月10日(土)発売

定価900円(税込)

[特集]
欧州の新スタンダードを学べる
戦術用語講座