ここから本文です

押尾学「成海璃子」似の美女と極秘再婚イクメンに

2017/11/20(月) 16:00配信

SmartFLASH

 11月某日の昼過ぎ。都内を流れる川沿いの道を、大柄な男性が散歩していた。キャップを目深に被り、上下スエット。胸には、まだ小さな赤ん坊を抱っこ紐で抱いている。ペットショップに寄ると、ビニール袋をいっぱいにして店を後に。ときおり、頬を膨らませて、子供をあやす姿が微笑ましい。

 このイクメンは、元俳優の押尾学氏(39)である。

 押尾氏は1998年にデビューすると、大ヒットしたドラマ『やまとなでしこ』(2000年・フジ系)に出演、ドラマ『春ランマン』(2002年・フジ系)で主演するなど活躍。自由奔放な発言で人気を博した。2006年には女優の矢田亜希子(38)と結婚。男児に恵まれた。

 だが2009年、愛人のホステスと合成麻薬MDMAを服用し、女性が死亡。押尾氏は保護責任者遺棄罪で実刑判決を受け、矢田とも離婚した。2014年12月に出所した後は、2016年1月におこなわれたバンド「LIV」のライブを最後に、表舞台から姿を消していた。

 しかし、押尾氏は再婚し、男の子を授かっていたのだ。
 散歩の翌日、一人で姿を見せた押尾氏に、再婚と子供について聞いた。

「何もしゃべんないよ。俺からしたら、いい迷惑。いい思い出がないんで。もう、ほっといてよ(笑)」

 現在は、芸能界と一線を引き、穏やかに暮らしているという。

「今は、普通のお仕事をしてるよ。バンドはもうやってない。昔みたいな派手なこともしていないし、静かに暮らして、平和にやってます。もちろん、お金がいっぱいあってもいいとは思うけど、今は別に欲もないし、普通がいいのかなって。芸能界への復帰も絶対ない。すみませんね、気をつけてね!」

 最後は笑顔を見せながら話し終えると、その場を立ち去ったのだった。

 ある日の午後6時ごろ、ベビーカーを押す押尾氏は、成海璃子似の美女に微笑みかけている。リラックスした様子で、楽しげに話し込んでいた。普通の幸せを噛みしめる家族3人の姿が、そこにはあった。
(週刊FLASH 2017年12月5日)

最終更新:2017/11/20(月) 16:00
SmartFLASH