ここから本文です

鶏胸肉よりタンパク質が多い食材7つ

11/21(火) 12:00配信

Women’s Health

そろそろいつものチキンに飽きたなら、これにスイッチ!【ウィメンズヘルス/フード】

鶏胸肉といえば、脂肪の少ない肉の定番。しかもタンパク質の宝庫! でもしばらく食べていると段々飽きてくるかもしれない。

高タンパク質の食事で得をするのはこんな人

そんな時は鶏胸肉を他の食材に替えれば、代わり映えしない夕食から解放されるだけでなく、1週間の食事の中で、今よりたくさんの種類の栄養素を摂れるようになる。もう鶏はうんざり、と思ったらこの7つのタンパク質の豊富な食材を試して。どれも100gの鶏胸肉に含まれるタンパク質よりも多くタンパク質が含まれている

1. エビ

甲殻類を選ぶならこのお腹にもたまるエビがおすすめ。生の大きめのエビ12尾から18尾だと144kcalでタンパク質は34gも含まれる、とニューヨークの栄養士で、City Girl Bitesのブロガー、マーサ・マクキットリック。

「コレステロール値が高いとエビを避けたほうがいいと言うのは都市伝説なので安心して」とつけ加える。バターたっぷりで食べるよりも、カクテルソースで食べる方がカロリーも抑えられておすすめ。

2. セイタン(グルテンミート)

麦のグルテンから作られた植物性のグルテンミート、セイタンはたったの半カップでタンパク質31.5gも含む。

マクキットリック氏によると、セイタンは下処理をして、肉や鶏肉のような下味をつけているものが多いそう。セイタンは動物性タンパク質に含まれている必須アミノ酸を全て含んでいるわけではないが、足りない分は1日を通してバランスのよい食事をしていれば補うことができる、とマクキットリック氏は説明する。それから、グルテン過敏症の場合はセイタンは避けるようにして、と補足する。

3. バラマンディ

このエコフレンドリーで水銀量の少ない魚は、北オーストラリアでよく獲れるもの。1食分170g程度でなんと31gものタンパク質を摂ることができる。そして、心臓にもよいオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている。『The Overworked Person’s Guide to Better Nutrition』の著者でバージニアを拠点とするジル・ワイゼンバーガーはバラマンディを冷凍庫に常備しているとか。

「冷凍のフィレのよいところは、水を入れたボウルですぐに解凍できること。家に帰ってきて着替えているうちに、フィレも料理する準備ができている」と話す。

1/2ページ

最終更新:11/21(火) 12:00
Women’s Health

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。