ここから本文です

<加計学園問題>今治市民「学校用地は観光名所に」愛想笑いもできない自虐っぷり

2017/11/21(火) 17:00配信

週刊女性PRIME

「タダで市有地をあげて、施設整備にかかるお金も半分出してあげて、そこまでして私立大学を建てにゃいかんのか、と思う。これだけ国会で疑惑が取りざたされていて、まさか認可されるとは思わなかった。疑惑が晴れないまま開学させるなんて、今治市民はバカにされとる」

 と、今治市内で建設業『森建設』を営む森政行代表(73)は憤る。

認可前から進む工事

 大学建設の仕事は1つも入ってこなかった。工事を請け負うことができた市内の同業他社はごく少数で、それも期待したほど儲かるレベルではないという。

 森代表は、工事のため学校用地に出入りする岡山ナンバーのトラックを見るたび、「情けない気持ちがこみ上げる」日々を送っている。

 林芳正文科相は14日、加計学園が国家戦略特区制度を使って愛媛県今治市に獣医学部を新設する計画を認可した。同省の大学設置・学校法人審議会(以下、設置審)が9日付で開学を認めるよう答申したことを受けたもので、来年4月の開学が決まった。

 前出の森代表は「認可を受けるずっと前から工事は進んどって、最初からこうなると決まっていたとしか思えない」と振り返る。

「最初は“今治に大学が来るのはええことじゃなあ”と、みんな言いよった。でも工事業者を選ぶのは加計学園だから市内の業者は1社を除きほとんど選ばれなかった。

 メインは岡山県の業者で、今治市の業者に与えられたのは生コンクリートを打ち込む作業ぐらい。一定時間以内にやらないと強度が低くなるので現場に近い地元業者に任せたんだと思う」(森代表)

 どれだけ国民から疑惑の目が向けられても、工事が止まることはなかった。外観上は完成に近い。市内の業者は不思議に思っていたという。

「どうして今治市民の税金を使ってヨソの業者を儲けさせないといかんのか。安倍首相が疑惑を責められていても工事は止まらんかった。もし認可が下りなかったら森友学園の小学校の二の舞いになっとった」(森代表)

1/3ページ

最終更新:2017/11/21(火) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」1月1日・9日
合併号 / 毎週火曜日発売

特別定価450円(税込)