ここから本文です

グループイチのボディを持つと言われた梅田綾乃が「恥ずかしくて」拒否していた水着グラビアを解禁! 何があったのか?

11/21(火) 19:00配信

週プレNEWS

今年3月にAKB48を卒業した梅田綾乃が発売中の『週刊プレイボーイ』49号で水着グラビアを解禁! 

【画像】梅田綾乃が水着グラビアを解禁!

AKB在籍時にグループイチのボディを持つと言われ、ファンのみならずメンバーからも水着グラビアを期待されたが、頑(かたく)なに拒否。そこに一体、どんな心境の変化があったのか? 現在は女優としてのステップを歩み始めている彼女に話を聞いた。

―ずーっと水着グラビアを拒否してたのはなぜ?

「子供の意見かもしれないですけど、恥ずかしくて…。やっぱり注目されちゃうじゃないですか。メンバーからは『羨ましい』と言われたり、スタッフさんから『イベント衣装を水着にしたら』とも言われたんですけど。『いつかやります』って感じで流していて、そのまま卒業しちゃいました(笑)」

―封印されちゃうんだって、みんな残念がってましたよ。それがまさかの解禁! 何があったんですか?

「事務所の人から水着で宣材写真を撮るよと言われて、それは断れないじゃないですか。ずっとやってこなかったことで自分の中でハードルが上がっちゃって、すごく緊張したんですけど。終わったらすごく楽しくて、大丈夫かもって自信が持てたんです。だったらこのチャンスを取りにいこうって思いました」

―素晴らしい! ちなみに周りには相談はしました?

「同じ卒業生の相笠萌(あいがさ・もえ)ちゃんや西野未姫(みき)ちゃんに聞いたら、『いいじゃん! 絶対買うから』って言ってくれたり。『早くオフショットを送ってね』とか、期待が大きいみたいです(笑)」

―ずっと待ってたわけですからね。実際にグラビア撮影をやってみてどうでした?

「水着で海に入るのが小学校以来なんです。こんな感じだったかなと思い出したり。でも撮影で緊張することなく、いろんな表情を出してみたり。楽しかったですね」



―ところで、グループを卒業して半年以上経ちますが、いかがですか?

「あっという間ですね。卒業公演がつい最近のことのように思うし」

―ひとりでの活動はどう?

「ずっと集団行動でひとりに憧れていたんですけど、ひとりって意外と寂しいんだなって気づきました(笑)。でもAKB時代は疎遠になっていた、小学校の頃の友達がまた声をかけてくれるようになって、一緒に出かけたりしています」

―今はどんな活動をメインにしてるんですか?

「女優さんに向けた活動をしています。今までちゃんと演技のレッスンを受けたことなかったので、ゼロからですね。自分ってこんなクセがあるんだとか気付いたり。18歳でまた新しい道を歩いているんだなって実感しますね」

―将来はどんな女優さんになりたい?

「『この人名前わからないけどいいよね』って言われるような。『見たことあるけど誰だっけ?』って検索されるような。ファンの人からは『主役じゃないの?』って言われますけど(笑)」

―確かに(笑)

「でもずっと応援し続けてくれる人に早く恩返しがしたいです。『早くTVや映画で観たい』って言われてるんです。今回のグラビアで世間の人からどんな反応があるか楽しみだし。これをきっかけにさらにステップアップできたらいいなと思います」

―またグラビアのオファーがあったらどうしますか?

「楽しかったので、やりたいです」

―第2弾、第3弾、楽しみにしてます!

◆梅田綾乃のグラビアは『週刊プレイボーイ』49号に掲載!

(撮影/佐藤佑一 取材・文/関根弘康)

●梅田綾乃 UMETA AYANO
1999年3月30日生まれ 東京都出身 ○第五回 園田英樹演劇祭 ミュージカル【バックホーム】出演決定!(2017年12月21日~28日 新宿シアターミラクル) ○2018年カレンダーが発売決定!(詳細は公式ブログにて発表) 公式ブログ 【】 公式Twitter【@ayanoumeta0320】

最終更新:11/29(水) 13:27
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.52
12月11日(月)発売

定価400円(税込)

米朝「電撃接近」で日本が孤立!/ハリルジ
ャパンよ、H組をこう出し抜け!/2020
年マツダ大改革の全貌【グラビア】久松郁実
/華村あすか/松村沙友理/水上京香 他