ここから本文です

労災で会社に慰謝料500万円要求しながらパチンコ三昧、作業員vs社長の顛末

11/21(火) 6:00配信

ダイヤモンド・オンライン

 建設現場の作業員が仕事中にケガをし、労災請求。2週間ほどで治るはずだったのに、働けなくなったことを口実に、会社に対して500万円もの慰謝料請求をしてきた。会社はその時どう対応すべきか?(特定社会保険労務士 石川弘子)

K社概要
創業20年の建設業。主に戸建住宅を取り扱っている。従業員数は50名程度で、50代の創業社長を中心に結束が固い。ここ数年、売り上げがグングン伸びており、中途採用で経験豊富な現場社員を大幅に増員してきた。
登場人物
小林社長:K社の創業社長。10代から建築会社で作業員として勤め、30代で独立した。情に厚く、年上の部下とも上手くコミュニケーションを取っており、社員からは慕われている。
早川:小林社長の古くからの友人で、良き相談相手でもある一人親方(労働者を雇用せずに自分と家族などだけで事業を行う事業主)の大工。仕事には厳しく、職人仲間から「鬼の早川」と恐れられている。K社の現場を手伝うことも多く、金子と同じ現場で働いている。金子とは現場で作業の合間に世間話などをする仲である。
金子:K社に入社して3ヵ月の30代の作業員。時間にルーズで、仕事もいい加減。作業現場ではいつも同僚や早川に怒られているが、反省している様子もない。
● 高い所で作業中に バランスを崩して落下

 「ドン!」

 大きな鈍い音がして、その場にいた作業員全員が音がした方を見ると、金子が背を丸くして横になって倒れ込んでいた。

 「おい、大丈夫か?」

 一人親方の早川が声を掛けると、金子は呻くように言った。

 「脚立から落ちて腰を打った。痛くて動けない。救急車を呼んでくれ!」

 金子は、高い位置で作業をしていたところ、バランスを崩して落下したのだ。医師の説明によると、幸い骨折はしておらず、腰を打っただけとのことだという。1~2週間ほど休ませる必要があるが、入院は不要で、大事には至らないとのことだった。社長が現場にいた作業員に様子を聞くと、落ちた瞬間を見た人はいなかったが、恐らく2メートル弱の高さで作業をしている最中に、落下したのだろうという。

 2~3日して金子から会社に連絡が入った。

「腰を強打していて、歩くこともできない。しばらくは自宅療養する。労災申請(*)
をするので用紙を送ってほしい」 電話を受けた事務員は、金子からの労災申請送付の旨を社長に報告した。その後、社長は、金子の自宅アパートを訪問すると、「大変だったな。しばらく休んで、痛みが取れたら復帰してくれ」と、就業規則で定めている会社からの傷病見舞金として5万円を金子に渡した。

 *労災について:労災保険(労働者災害補償保険)とは労働者災害補償保険法に基づき、業務中や通勤時のケガや病気に対して保険給付を行う制度のこと。建設現場の場合、一般的に元請業者がいて、その下に下請け業者や個人事業主である一人親方など様々な人が入り混じって作業をしているケースが多いため、労災事故の責任の範囲が不明瞭になりがちである。そこで、元請業者が下請け業者も含めてその現場で働く労働者全ての安全管理に責任を持ち、労災保険の保険料を負担している。それゆえ、下請け業者の労働者が現場でケガをしても、元請業者から疎まれるのを嫌って、あえて労災の申請をしない、いわゆる「労災隠し」といったケースも少なからずある。

1/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集1 バブル相場の勝ち抜け方
日本人が知っておくべき4大バブル疑惑
特集2 知られざる大動脈 海底ケーブル
米IT大手が参戦