ここから本文です

「香川真司の発掘が最大のヒット」。元ドルトのスカウトがアーセナルに加入決定

2017/11/21(火) 20:08配信

フットボールチャンネル

 アーセナルは20日、ボルシア・ドルトムントでスカウトを務めていたスヴェン・ミスリンタート氏の加入が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。

【動画】中田英寿に香川真司、山口素弘の伝説ループも…玉乃淳が選ぶ歴代ゲームメイカー5人

 ミスリンタート氏はドルトムントで10年間にわたってスカウトを務め、近年の成功に大きく貢献した選手たちの獲得に関与。「ピエール=エメリク・オーバメヤン、香川真司、ウスマン・デンベレなどの加入に繋がった若手獲得ルートを作り上げた」とアーセナルは同氏を紹介している。

「新たな才能を見つけ出し、成長させることは我々の哲学の核となる部分だ。スヴェンは長年にわたって目覚しい実績を残してきた」とアーセン・ヴェンゲル監督は歓迎のコメントを述べている。

 英メディア『スカイ・スポーツ』は、2010年にセレッソ大阪から香川を獲得したことが「ミスリンタートの最大のヒット」だったと伝えている。35万ユーロ(約4600万円)の育成補償金で獲得した香川はドルトムントで2度のブンデスリーガ優勝などに貢献するとともに、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍でクラブに多額の移籍金をもたらした。

 ミスリンタート氏自身も、香川の獲得が大きな成功であったことを誇っている。「スカウトとしての私のキャリアの中でキープレーヤーは香川真司だった。2部リーグのクラブから格安で加入し、違いを生んでくれた。そういう重要な瞬間が誰のキャリアにも必要だ」と同氏のコメントが伝えられている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)